2012年7月24日火曜日

富良野満喫

果たしてない約束を果たしました。
アンパンマンショップに子供たちを連れて行く。
ここの遊び場は、自由でいい。
ムスメは他人のお父さんと楽しく遊び、
遠くからそれを眺めるのが好き。
 
ひねくれている自分が言うのもなんですが、
純粋に育ってくれーと願うばかり。
 
で、こうなりました。
 
 
 
その後、農家のこせがれネットワークで知り合った
農家仲間のスイカ農家・柿原さんの畑へ。
約4haのスイカ栽培ですよ!
露地が約3ha、ハウスが1haですって。
スイカ畑の緑色は、他の畑の緑とは異質です。
 
今は球回し(ズラシ?)といって、スイカの球をひっくり返して
まんべんなくお日様にあててあげる作業。
腰が大変、といっても、球は7-10kgある!
アスパラの腰への負担とは比べられないな。
着果したスイカひとつひとつに目印の棒を立てて、
状況を見ながら剪定(摘果や様子見など)をして、
天候を予想しながらひとつひとつの球を仕上げて行く。

うちのアスパラも露地が多いですが、リスキーですよね。
そして手作業やヒューマンスキルを要する作物だから、
やっていけてるんだよな、とここでも再認識。

 
ちょっと、感動ものですよ。
管理作業や歴史を聞いてると。
スイカの話を当たり前のようにする柿原さんですが、
ご家族も含め、怪物です。
畏敬の念を抱きます。
  
青いのは農協出荷用の浅いスイカ用コンテナ。
農地は山の裾の火山灰(砂壌土)で、石英がピカピカしてた。
水捌けも良いし、アスパラに向いてるなー、と思ってたら、
お父さん曰く、40年くらい前にホワイトアスパラを作っていたそうです。
きっと良いアスパラが取れたことでしょう。
道路沿いにはアスパラ畑も多く、楽しいドライブでした。
 
 
そしてスイカを購入。
収穫の端境期といことで、自信作ではないものを、
無理やりお金払っていただいてきました。
もちろん、愛のある感想を言うつもり^^
 
 
柿原さん、本当にありがとう!!
 
 
そして我が家はいま、フルーツ王国です。
王国というのは、1Q84を読んでるからですが…。
スイカ、メロン、サクランボ、モモ・・・。
仕事の疲れがぶっ飛びます。
 
 
仕事の疲れと言えば、今回の旅でも
子供の面倒をみるだけでグッタリでした。
楽しいんですが、ぐったり。
そうすると、仕事意欲が増します。
こんな辛い思いをしなくてすむ仕事って、素敵、と。
  
 
どうでもいい話ですが、
富良野のローソンで、ふと店員さんの名札に目がいく。
四月朔日。
んんん???
 
で、名前ですよね?何て読むか教えていただけませんか?
とここ最近では記憶にないくらいの低姿勢で聞きました。
 
 
 
 
 
わたぬき、さんです。
ちょっと感激しました。

0 件のコメント: