2018年9月15日土曜日

建設は死闘、破壊は一瞬

9月5日、14年ぶりに被害が大きかった、台風21号。
その翌日の平成30年北海道胆振東部地震。
そして停電。

今思うと、一瞬でした。

これまで他人事だった被災地の報道。
自分が当事者になるとは。

台風が来る前は、ミニトマトの花が多くて困ったなー、とか、

アスパラの品種比較を楽しんだりしてました。

もちろん、たいさくもできる限りしました。

対策してても、風速25m/sの風にはかなわない。


強風にともなう危険のため、パートさんの仕事は休み。
失意の中、破損ハウスの応急処置を行った翌日。
地震速報で子どものベッドを抑えに走り、やれやれと眠ろうとしたら停電。
大事になるとは思わずにそのまま翌朝までの仮眠をとります。

早朝のパートさんは、台風直後の停電の中でも、5時から働いてくれます。
その後の午前中のパートさんも家族を残しながら仕事に来てくれました。
本当にありがたいことです。

幸いにも、地震の半日後には電力がもどり、
収穫物も冷蔵庫で保管できましたが、
電気がないと交通が麻痺し、延いては物流がストップするという、
想像しなかったことが起こりました。

ヤマト運輸が生命線だとは思っていましたが、
それが機能しなくなるということが想像できないとは、油断でした。

自然は、太陽光や雨の恵みをくれますが、そりゃあ奪うこともあるよ。
すぐにそう感じました。いつも恵まれていたんだと。
まして人がつくったものなんて、いつなくなってもおかしくない、とも。

タイトルは、ビジネスマンのときの先輩の言葉。
未だに事あるごとにリピートされてます。


台風通過後には温度が上がってアスパラもとれましたが、
9/11-13日にかけて、毎日最低気温が7度以下になり、
アスパラの萌芽がほぼ止まってしまいました。
今年もあと1週間ほどで収穫収量です。


2018年8月28日火曜日

一瞬、夏が来た

低温の影響から生育が遅れいていたアスパラ。
お盆前に、ようやく例年通りの綺麗な夏アスパラが
とれはじめました。



しかし、その矢先のお盆には、最低気温10度まで2日続けて下がるという悲劇。
勢いのあったアスパラは急にこうなってしまいました。



その後、温度はもどったものの、一度低温で収量が落ちると、
全盛期ほどにはもどりません。
例年夏アスパラ全盛期は7月下旬~8月下旬までありますが、
今年はそれは3日です。
もう一度、最低気温が10度まで下がったら終わってしまうような姿をしています。


こちらは、新植したハウス。
低温でもやはりハウスは安定してます。
唯一心癒される圃場です。



秋は秋で、アスパラの味は最高なのです。
美味しいアスパラは、もう少し続いて欲しいです。

2018年8月12日日曜日

失敗だらけ

この夏は失敗だらけ。

アスパラの減収分を補おうとして無理して作った露地野菜が、
管理不行き届きでのきなみダメ。
ソラマメは種代がでたくらい、
ズッキーニは生育遅れ、
カボチャも3週間程度の生育遅れ、
トウモロコシも7月の低温豪雨によって3週間遅れ、
ミニトマトは他の野菜の作業が忙しくて手を付けられない、
そしてアスパラは昨年同時期の1/3の収量です。

アスパラについては、
アスパラの立茎開始時期の見誤りと、
ハウス立茎時期の遅れによって、
昨年を大きく下回る収量となっております。

それもこれも、基盤のアスパラが磐石ではないから。
そしてアスパラを磐石にするための布石(要はしっかり土作りしてアスパラを定植すること)としての、新植を行ったことが大きな要因です。
無理かかるけど、何とかなるかなー、
と思っていた作付計画は、天候不順による作業の集中によって、
思ったほどの成果を挙げておりません。

それでも、価格をもし直しつつあるズッキーニと、
お盆明けから収穫が始まるミニトマトで、
何とか収入を確保したいのです。

どうだ?大丈夫か今年は?
と毎日心配ばかりしています。

2018年7月2日月曜日

梅雨です

10日も雨が続く予報から、6日が経過しました。
6/27から高温多湿で雨続き、これは梅雨です。
思ったほど酷くはなく、晴れたり曇ったりの日もありました。

降る雨音に、心がやすまるものの、畑の滞水状況が気になる。
でもできることは、すでにないのです。

勝負は雨の前に決まっています。
どんな生産資材も農薬も、適わないのが長雨や高温多湿、
とんでもない低温だったります。
こう書くと、何もしないで諦めるだけ、
もしくは天候のせいにしているだけではないか、と思われがち。

やれることは、かなりの時間を裂いて行っています。
その上で、どうしようもないことがある、ということです。
今年は雪が多かったことと春の天候が非常に乾燥したおかげで、
畑の水捌けがとても良いです。
水が下にしみていく道ができるんだと思います。
昨年にくらべて、やるべきことは少ないのに水捌けが良い。
そこでさらに手を加えているのですが、
それでも長雨にはどうしようもない。

6月上旬には雨を願っていたのに、
雨を願って雨が降ったらアスパラの品質も量も回復したけど、
雨は多すぎない方がいいですね。

温度も高いので、これまでの生育遅れをしていた野菜は
一気に成長するでしょう。
そのぶん徒長気味に成長するので、病気ついたり、
軟弱に育ったりしないように注意が必要ですね。

6月までの春アスパラの収穫量がでました。
昨年よりも1tほど少ないです。
予想では5tくらいは減少すると思っていたので、良しとします。
といっても、露地はほぼ予想通りの4割減。
ハウスが思わぬ豊作となったことで救われました。





まだまだ稼がねばならない期間が続くので、
この長雨で体力を回復させつつ、遅れている作業に追いつきたい。
でも追いつこうとすると体力は回復しないんですけどね。
恵みの雨だったと考えて、この先も作業を考えていきます。
ワールドカップは無事に観れています。
夏アスパラが5kgほどとれて来ましたが、
昨年よりも出遅れてます。

2018年6月23日土曜日

恒例の繁忙期

5月、露地アスパラの収穫が始まると、忙しくて忙しくて。
繁忙期ではなく、超繁忙期なんです。

今年は春にたくさんの野菜を播種し、アスパラ新植の準備、
そしてハウス3棟を建てるという計画でした。
両親も「そんなに忙しいのか!」と憤るくらいでした笑

露地アスパラ収穫開始が5月10日。
野菜やアスパラの準備は5/20くらいまでに終わればいいかな、
と進めていたので、全くもって遅れてしまいます。
収穫開始になると、収穫だけで1日が終わってしまうからです。

当然、アスパラの直送も大量になり、私の事務作業も増え、
ブログがずーっと放置される、となりました。


雨の日でも、レインコートを着て収穫します。
アスパラは温度と日照で出ますから、低温以外は休みなし。



露地収穫してまもなく、ハウスアスパラの収穫を終了します。
ただとるのを止める、という訳ではありません。
元肥をあげて、耕起して、培土して、倒伏防止用のイボ竹を立てて、
ようやく収穫終了できます。
写真は、施肥後の耕起作業。


収穫を止めて3日もすると、こうなります。



こちらはハウスアスパラの新植。
定植してから褄面をつけました。
大きなトラクタで圃場作りをするのが楽です。
ですが、ここも露地の収穫があるために、いつまで褄面が完成せず、
ハウスの保温効果はほとんどありませんでした。



そしてこちらが露地アスパラの新植。
7反の新植。
品種はガリバー(6,000株)、ウェルカム(4,000株)、
アティカス(3,000株)。
この畑は350mもあり、「遠くが霞んでるね」とパートさん。
みんな段取りから頑張ってくれて、定植作業も全部で3日でした。



アスパラも忙しいですが、ムスコのサッカーの試合が
ちょこちょこ入ってきて、仕事を早めて観に行ったりしていると、
全然体が休まりません。
若い頃は「心が回復すればOK!」と休みも遊びまわってましたが、
いまでは「休みは仕事と同じくらい重要」と思ってます。


また、今年から人材募集を開始しました。
5月20日にはジョブキタの求人フェアに参加。
その前後には求人情報にも掲載してもらいました。
感想は、「こんなに優秀な人とたちがうちに興味を持ってくれるのか」
と本当に驚いてます。
未だにお問合せをいただいております。
世間では人材不足という声を聞きますが、
それを感じないほどです。
求人情報はコチラです。


アスパラの収穫と定植が一段落し、いまは草取りに
ひたすら追われる日々。
それでも元気に仕事してくれるパートさんと、
無理な農作業に付き合ってくれる両親と、
様々な面で私を支えてくれる妻と子供たちと、
繁忙期も頑張ります。
ワールドカップも観たいので、頑張ります。

2018年6月14日木曜日

怠慢・・・


ブログ更新、1ヶ月も更新せずにいます。

繁忙期の過ごし方、露地とハウスの状況、テンヤワンヤの家の状況、
などなど、書きたいことは沢山。

人との出会いについても書きます。

近日中に!!


ホワイトとれ始め。














冷蔵室新設!


奇跡の復活。



古いお手紙