2019年11月14日木曜日

これでいいのか、生鮮品

農作業オフシーズンがやってきた。
積雪による強制的なオフだけど。

野菜など生鮮品の価値だけがあがらない社会に腹立つ。
値上げの話はすぐにニュースになるけど、
農作物が極端な気候変動で収量減になった時、
値上げにならないと毎年作り続けることはできないです。

これも、これまで勝ち組とされていた篤農家や
優良経営農家が苦しみ始めているから。
もちろん、そのまま優良経営の農家もあるけど、
少なくとも知ってる何軒かの農家が、
気候変動と野菜の価値への理解のなさなどに苦しんでいる。

今年の量販店は特に、低価格安定を目論んでいたのか、
野菜が多いときにも値下げせず、供給減の時だけ値上げ。
消費者は買いやすいのかもしれないが、これでは生産者は報われない。
なぜなら、野菜の価格は基準がそもそも低いからだ。

前回の消費税増税のときも、世間が好景気で沸いているときも、
野菜は安いことを求められた。

生鮮品以外は、とくに贅沢品やサービスはけっこう値上げ容認するのに、
体と心をつくる大事なものだけ安いことだけが正義みたいな。
安さだけが消費者の味方じゃないだろうに。

機械でもさ、安いもの買ったおかげで、
メンテナンス費用や買い替え頻度が多くなったり、
パート賃をけちって自分が身を削った結果、
過労で倒れるみたいな。

だから高けりゃそれでいいのかというと、そうでもない。
カードも結局金を使えば使うほどお得感が益すとか、
なんか不平等。
だって、使いたくても使えない人はたくさんいる。

どっちか極端な方、ではなく、
良心というか良識というか、
みんなが上手くいくちょうどいいところって、
社会的に決まってるんだろうけど、
そこが不満、て話。
何を食べるか、とても大事だと思います。
同時に、どうやって作っているか、もとても大事。
どうやって作るか、どうやって運ぶか、については、
いくらで売れるか、がとても重要な要素です。

農業にだけ、金儲けを許さない的な空気も感じますが、
経営できないと潰れるんですよ、農家だって。
農協も負債過多の農家はそうそう助けない。
でも、生鮮品に関わるどの業界も苦しいですね。
取り扱いをやめる小売店も出てきています。

生き残るために必死。
みんなそうです。
でも「自分だけ」の意識が強すぎるのかもしれません。
自戒の意味も込めて。
他人あっての自分です。

2019年11月8日金曜日

挨拶回りスタート

今年もまもなく農作業が終わります。
冬の恒例行事、お客様行脚の情報交換がはじまりました。

まずは北海道内から。

僕達のような供給側の危機感とは違い、
消費者と接する現場の危機感も半端じゃない。
本当に野菜が売れなくなる日が来るかもしれない。

いわゆる中食で十分、という空気。
きちんとした加工会社と販売者がやるなら何の問題もないと思いますが、
大事な体を作る食を、商売ベースでしか考えられない人たちが作ったら、
中食や外食自体が健康を蝕むことになります。

安いことには理由がありますが、
食べ物が体に繁栄されることを実感するのは、
通常であればたぶん30代くらいから。
若いと気づかない人が多い。
でも、気づいた時には遅いんですよね。

節約するために、まずは食費って、絶対におかしい。
経費削減を掲げる会社がまず人件費削るくらいおかしいい。
なぜ食べるのか。
何を食べたらいいのか。
単純化した栄養学から考えても何も解決しないはず。


以下は、備忘録的にキーワードを表記。
・うちともう二件だけ
・2年後に
・青果の面積や売り方に悩む
・従業員のやる気
・売り上げ減へのモチベーション

2019年10月26日土曜日

視察について

道内はもちろん、秋田県、栃木県などの道外からも
視察に来てくれた本年。
ちょっとした、雑感です。
ちょっとじゃなく長いですが・・・。

うちは2代目の父が北海道で始めて立茎栽培を導入したり、
収穫体験を導入したり、アスパラ生産組合長を20年やったり、
アスパラを45年も作り続けていることもあって、
私が物心ついた頃から、よく人が見にきます。

父は視察やお客様には積極的に時間を裂いていました。
しかし、4年前から事業継承して私が代表になってからは、
少し来客にも変化があるような気がします。

というのも、画期的なことは私は特に行っておらず、
「良いものをたくさん作って、顔の見えるところに売る」、
ということ目指しているからだと思います。

視察に来ていただいても、何が聞きたくて来たのか、
何を知りたいのか、を明確に聞くようにしてますし、
ただ何となく来るという視察はお断りしてます。
うちで吸収できることがあるなら、喜んで情報提供しますし、
失敗事例を見たい方にはうってつけの圃場だと自負しております。

年々情報交換に充実した視察も増えていますが、
一方では、父の人柄を求めてきた方々には、
私の説明や圃場管理や経営理念ではもの足りなく帰ってしまう
方々も多くいるのも事実です。
圃場への視察は、基本的には代表の私が、
時間がとれなければ、父が代行します。

うちやま農園はひとつですが、
私、父、妻、と、それぞれが違う社会で活躍しているので、
それぞれ会いたい人にアプローチしてもらうと、
より充実した視察ができると思います。
全員に会いたいという贅沢な視察は受けられません。
だって、家族4人が揃って話することなんて、
お盆と正月しかないですし笑

あと、私は10年前と比べてずいぶんと丸くなりました。
攻撃したり罵ったりすることはないです、たぶん。

2019年10月13日日曜日

残す畑仕事も僅か

あと2週間もすると雪が積もり始める北海道。
前更新からまた1ヶ月も空いてしまいました。

アスパラは9/25をもって終了し、
収穫作業はカリフラワーとミニトマトを残すのみ。
畑は大豆が少し残ってます。

そして10/16からは降雪前の片付け作業に入ります。
ハウスのアスパラは、まずは被覆をはがすのが先。
でも、雪のタイミングが遅いなら、10/25以降に刈取ります。

露地は、3年ぶりに緑の畑です。
綺麗な畑ができました。
病気対策を諸々行いましたが、やはり天候が大きいです。

農作物は、自分が思うような収穫をするために、
たくさんの要件をそろえることが必要です。
その必要な条件の中に、天候、が大きく存在します。
土や水分や温度をいかに操作しても、
天気がよくないと、成果がでないことが殆どです。

施肥技術や有機成分の操作、微量要素の配分などが優れていても、
天候が備わらないと充分な農作物にはなりにくいのです。
だからこそ、天候には感謝しかありません。

長くなりましたが、来年に向けての準備をしつつ、
ここ1ヶ月の出来事を少し。

サッカーの仲間とムスコ。
小さい3年生コンビ、本当にいいコンビです。

こちら、マラソン大会でのムスメ。
そしてムスコ。
毎年出場している美唄ヘルシーマラソンの3km。
冷たい雨の中、よく走ったけど、練習しないとマラソンも勝てないよね。


結婚18周年、ついに子供たちをつれてディナーにいけるようになりました。
フレンチでも何とか食べれるようになってくれた子供たち。
毎年の楽しみになるといいなあ。


カリフラワーの大繁忙も終わりました。
アスパラのピーク時と同様、冷蔵庫が狭いなあ、と。

ミニトマトの最終盤。
上まで色づいてくれたら嬉しい。
2年目になって色々できるようになったけど、
売り先がなくて市場に左右されるのは、
やはり作るおもしろさも半減しちゃうなあ。


ということで、あと少しで楽しい農作業が終わります。
総括はまだ先にします。
でも、春のアスパラの大幅減収で苦しいスタートとなりましたが、
夏も諦めずに頑張ったお陰で、
よい夏の収穫に恵まれ、来年への仕込みもできました。
友人農家が「とにかく諦めたらアカン」と言ってくれまして、
何とか年を越せるくらいまで回復しました。

2019年9月16日月曜日

市場の品薄高値にイチイチ付き合えるか!

農家が野菜を作る理由、いくつかありますよね。

1.その野菜が好きだから
2.代々作り続けてきたから
3.価格がいいから
4.主要作物との作業時間のバランス
5.その他

この中の、3.については、経営上の判断が大きく関与します。

特に、作る時期を早くしたり遅らせたりすることで、
市場での価格が大きく変わることがあります。
価格、いわゆる農業収入だけを見込んで野菜を作ることは、
悪いことではありません。

みんなが出来ない時期に作る、そしてたくさん収入を得る。
作り涯もあるし、儲かる。
しかし、そこに大事なものを見失ってはいけないと思うのです。
見失ってはいけない、というより、大事なものを大事にしましょう。

経営上、最も大事なことは、人の信用を得ることです。
そのことから外れていなければ大丈夫。
私は、市場の値段が上がろうと下がろうと、
うちのアスパラや野菜を買ってくれる人に、
決めた価格で出し続けます。

市場価格が2倍の値段の時、5倍の値段の時、
いつも信用が大事、と自分に言い聞かせます(笑)

2019年8月24日土曜日

比較、意見の相違

お盆過ぎたくらいには、もう今シーズンも終盤戦を残すのみ。
毎年この時期には「去年は何してたっけ?」とか
「去年のアスパラはどんな感じだった」と思います。

これが、昨年6/3に9cmポットから定植したハウスの、
昨年8/22の写真。
(ハウスの幅は7.2m)

こちらは、本年6/13にセル苗から定植したハウスの、
本年8/23の写真。
(ハウスの幅は6.3m)

10日間の定植遅れと、苗の状態としては
1ヶ月以上ハンデがあるポットとセル。
その割りに、本年のアスパラにはほとんど遅れがない
感じにまで生育が追いついてきました。

といっても、光の当たり加減や天候で全然色は比較できませんが、
単純に繁り具合と背丈での比較です。
入れてる堆肥の量も今年の方がやや多いですし、
何と言っても晴れの日が多かったので、
それが大きく起因しています。

ついつい「腕が上がった」と思ってしまいます、というか、
こんな時くらい思わせてくれ。
いやいや、勘違いしてはいけません。
(とはいえ、昨年と潅水方法、温度、栄養など、管理方法は変えてます)
冷静に判断すると、やはり気温と日照なんです。
あと品種も違うので、生育は今年の方が旺盛になって当然。
それでも、来年の夏アスパラからは収穫できそうなので、
とりあえず、ひと安心しております。


こちらは、今年最後の夏どりをしているハウス。
というのも、来年は国営基盤整備事業の工事区になっており、
約7haが更地に返ります。
このハウスも、来年の春収穫を終えたら、解体します。
最後の夏アスパラ、綺麗に出てきてくれています。


来年の基盤整備でアスパラ露地畑は1ha、ハウスは10a、
畑作は6haが利用できません。
アスパラは定植から収穫まで3年かかります。
なくなったアスパラの代替の畑を来年つくりますので、
そのための苗です。
約14,000株。
越冬させて、生き残った苗を来年6月に定植する予定です。

ちなみに、今年アスパラを植えろ、という親父と、
来年植えたいという私の間で意見対立しました。
基本的には、代表は私なので私が種や苗の発注を行わず、
来年定植する段取りを組んだのですが、それぞれの言い分はこうです。

父は、なくなったアスパラ畑のかわりに、
再来年から収穫できるアスパラ畑をつくるべき、と言います。
確かにそうです。

反対した私の理由は、
1.今年は定植2年目の畑とハウスの新築・定植があり、そこに手間がかかる。
2.私がうちで経験した短い12年のうちで、急いで定植して良かったことは1回しかない。
3.再来年に定植する方が、基盤整備で畑が減っているので、定植作業に集中できる。

というものです。
これが吉と出るか凶とでるかは、運だし、結論は10年くらい経たないとわかりません。
露地アスパラは定植した年の天候がとても大事です。
今年は干ばつ気味でしたが、結果としては「定植には良い年」でした。
来年はどうだろうか・・・。