2017年9月14日木曜日

人なんだよ、いつも

アスパラが、本当に最終段階です。
もうSが1/3を締めるほどに。
パートさんに収穫してもらうのは、
9/14を最後にしますので、
発送もその日が最終となります。

毎年そうですが、寂しい限りです。


新植のアスパラ、6月中旬にポットで定植したのですが、
状況としてはイマイチです。
背丈があと30cmは欲しいところでした。
水捌けも良く、肥料成分もバランスよく入りました。
雨と気温かな・・・。しょんぼり。


秋にはこれまで旺盛だった生育が終わるため、
弱っている株からは病気が見つかってきます。
新しいハウスでも茎枯れや疫病が発見されます。
これは早期に見つけといて良かったと思うものの、
発生すること自体にはショックです。
露地で蔓延しているから出て当然なのかもしれませんが、
想像と現実では、こちらの気持ちも違います。


ハウス内の地温は、つい最近まで18度以上ありました。
諸々の実験でわかっていましたが、地温よりも気温ですね。
以前は18度を下回ると収量が激減すると言われてましたがね、
やはり地温よりも気温だし、擬葉が温度感知しているんでしょうね。


今年の春までは、人さえいれば農業は何とかなると、
特に園芸品目は何とかなると思ってましたが、
人がいてくれても上手くいかないことが、多々起こってます。
これも勉強だと現実を受け入れて、
来年以降の計画に生かしていきます。

再来年には農地の半分が基盤整備でリセットされます。
アスパラも、3haがとれなくなります。
仕込やら、そのためのハウス整備やら、仕事が目白押し。
人に支えられ、人を支えられる農業を目指し、
人に尽くそうと思います。

2017年9月7日木曜日

8月から寒すぎる

今年最も期待できるのは、ポップコーンです(笑)
冗談ですが、出来は良いです。

8月下旬、もう少し収穫したくて追肥。
ふりかけみたいですが、化学肥料はすーっと効いて、
なくなるので、秋の養分転流の邪魔もしません。

ハウスの中は、悪くない生育ですが、
温度が下がっているので収穫量は激減してます。

生育を安心していたら、ダニがたっぷりついていました。
毎年少しだけはいるのですが、けっこう目視できるくらいの
数になったので、珍しく殺虫剤かけました。

8月26日には嵐がきました。
西から風に殴られたので、
南北の畝のうちでは西側がけっこう傾斜してしまいました。

アスパラにもたくさんのパープルスポットが出たので、
ミニアスパラとして20cmで発送してました。

こちら、べジョーさんの試験品種。
いきなりこの太さがあがってくるので、びっくりです。

秋を象徴するアスパラの実の色づき。
養分転流は勝手に始まってます。

カボチャの収穫も9/4-6に終了。
これの5倍くらいの収穫量でしたが、
20a作ったので、面積あたりでは少ないかな?

9月上旬ですが、アスパラの収穫量がもう一日50kg程度です。
昨年の今頃は150kgほど収穫してます。

原因の一番は温度です。
朝の冷え込みが8/30から続いており、
アスパラが勝手に来春のために養分を蓄え始めております。
二番は病気です。
茎枯病の大量発生によってとれる畑が増やせず、
茎葉が繁り足りないので光合成能力も劣ってます。

来年がとても心配です。
パートさんも心配してくれるくらい、目に見えて心配です。
夏の収穫量は昨年の半分くらいなので、収支もギリギリになります。
アスパラを作り続けるために、アスパラ以外の作物も少しつくることになるか・・・。
来年の計画はもう始まってます。
まずは!ハウス増設します!

2017年8月18日金曜日

茎枯&夏休みって忙しい!

前回投稿からあっという間に月日は流れました。
もう8/18、子どもの夏休みが終わってます。

毎日のようにイベントがあったと思うくらい、
奔走する妻とたまに参加する私。
農作業も忙しかったのですが、本当にこれまで
経験したこともなかったような子どものたちの
夏休み繁忙!

毎年こうなるのかな・・・。

8/1のキレイな入道雲。
なぜか東の空に湧いてきました。

7月から頭を悩ませるのが、こちらの茎枯病。
6月末から7月中旬までは持ち出しをたくさん行ったのですが、
病気が治まる兆候もないので、作戦変更。
こまめに防除をしながら木を生かし、
あがってくる新芽を生き残らせてはどうか、と。
そもそも6月の低温&雨によってずーっと土が
湿ったままで、病原菌が広がりまくってしまった。
土が乾いて、晴れているときに出てきた茎であれば、
ある程度は生き残って、お盆過ぎの低温まで持ちこたえれば、
枯れる鱗芽群はあっても、株としては生き残れるかも。
でも雨続きなら、もう諦めるしかない。

マシになった畑はこんな感じです。
枯れた木があるけど、新たなアスパラに覆われて目立たなくなってます。
8月上旬まで好天に恵まれたため、です。
完全に運が良かっただけです。
壊滅的な畑もあって写真は見せられませんが、
ひどい畑でも50%くらいは生き残るような気がします。

代償としては、やはり収穫量があがりません。
毎日200kgとる、という計画に対して、
いいときで150kgくらい。

畑が広くなったことによって手が回りきらなくなっている
という事実を認めなければなりません。
そして基盤整備のあとの、やっかいな粘土地であること、
平地であること、3haのアスパラはほぼ1枚の畑であること、
などなど、メリットよりもデメリットの方を優先して考えねばなりません。

完全に、油断してました。
3年目の畑が茎枯病で覆われるなんて。
対策はいくつかあります。
来年からは油断せず実行するのみ。

パートさんがたくさんきてくれて、手が回るようになった一方で、
アスパラを直接見たり触れたりすることに
手も気も回らなくなってきています。
これでは本末転倒。
以上、反省。


子どもに時間を使えないことが申し訳なく、
美唄の最寄自動販売機まで2.5kmのサイクリング。
子どもは大喜びだし、私はメローイエローを見つけて大喜び。


そしてお盆は、恒例の・・・
トウモロコシ繁忙!
毎年お盆の前にしたり後ろにしたりと計画するものの、
ちょうど良い具合にお盆にピークを迎えます。
でも、今年も美味しくできました。
ピクニックコーンはこぶりなので店頭ではほとんど
売られることはありません。
ひっそりですが、うちやま農園の隠れた大サービスです。
味は、食べた人を羨ましく思える味です^^

そして本日ようやく「春からの疲れが取れたかも」と感じてます。
体が少し軽くなった気がしてます。
こうやって晒せたからかな?
さ、あと1か月、がんばろう!!

2017年7月29日土曜日

農園の訪問について

どうも最近のブログでは、私がいい人にみえているようだ。

それはどちらでも良いのだが、農園への訪問やアスパラの技術を
教えることや販売方法を教えることは、いくらでもやります。

ただ、アポイントをとってから来てください。
一般のお客様だって、急にこられた方は対応できかねることがあります。
うちやま農園は直売所としては行っておりません。
ご予約いただいたお客様を最優先にしております。

農家の訪問も同じです。
見たい聞きたいなら、お互いに貴重な時間を無駄にしないように、
どうかアポイントをとってきてください。
電話番号やメールアドレスも公開してます。
どうぞよろしくお願いします。

猛暑の7月

7/8

7/12
あっという間の成長です。
毎日30度超えの猛暑で、急成長しました。

ハウスの中は夏アスパラ最盛期。

そんな中、仲良し家族から誕生日を祝ってもらう。
うちわの裏面は妻ね。
いつものBBQ。
子どもが同年代で、育児の価値観が似てる家族。

ようやく子どもが大きくなったので、集合写真もきれいに撮れました!

気づけば7月も終わりそうです。
アスパラに苦労している時は、毎日苦しいものの、
あっという間に過ぎてしまいます。

事務作業でやるべきことがたくさんあったはずなのに、
ひとつも片付かずに8月を迎えそう。

年々忙しくなっている気がする。
遊べないストレスが溜まりまくってます。

2017年7月8日土曜日

病気が蔓延すると経営を考える癖

更新を怠りすぎているので、ぜんぜんまとまってませんが、とりあえず公開します。


どうやったら経営がよくなるか。
これは農家の誰もが考えることだと思う。

その答えのひとつに経営分析をあげる人がいるが、全く馬鹿げている。
企業調査員をやってた経験上、年収5,000万円以下の会社は、
事業主の体調や感情や欲が大きな変動要因になるからである。
分析には漏れのない情報が必要。
それを分析したらよくなるなんて、妄想。
現状理解と、打ち手を考えることは別なのだ。

経営分析、補助金アサリ、税金対策などなど。
こんなもの、勉強したって経営良くなりません。
断言します。
て、ちょっといいすぎかな。

お客様からいただいた、
丁寧に料理していただいた写真。


6/17はミスターチルドレンのコンサートへ。


露地立茎の段取り。

雨が近いため、培土できた畑は1枚のみ。

土がしけってしけって、

病気が多発してます。


それでも、何とかハウスの夏アスパラがとれはじめてます。

一部では紫紋羽病も見つかる悲劇もあるが、
わかってよかったな、と。