2016年12月5日月曜日

ひとつの、おわり・・・

12/3は、ムスコのわくわくの杜幼稚園のクリスマス会。
クリスマス会という名のお遊戯会かな。

仲良しのお友達と。

これはわくわくの杜のfacebookから拝借。
オペレッタのムスコ。

楽しそう。


そしてなぜか一役かうことになりまして・・・笑


代表の河岸さんは、入園式・運動会・クリスマス会・卒園式で、
父母に大事な話をしてくれます。
今回は、衝撃的な話でした。
今のこうさぎさん(年少のひとつ下)の卒園をもって、
わくわくの杜を閉じるかもしれない、とのこと。
今はピークで、6年目で91名の園児がいます。
来年は3クラスになり、再来年は2クラス、最後は1クラスです。

この決断は、本当に尊敬します。
本当に苦しい決断をしたと思います。
園としては、今はノリノリですし、評判もすこぶる良いです。
愛にあふれた組織だと思います。
ですが、少しずつ歪みが出始めているのも感じなくはないです。
園児にとって理想的な園であることは間違いないのですが、
支える先生、施設を抱える月形町、預ける親御さんの意識の変化などなど・・・。

たぶん、続けることよりも区切りをつけることで、
自分達ができる最高のサービス、
すなわち理想的な育児環境を可能な範囲で与えようとしてくれているんだと思います。

ムスコが卒園した後も、ずーっと応援したかったわくわくの杜。
なくならないための協力があるなら、喜んでします。
でも今は、河岸さんの意思を尊重したいです。


大好きなわくわくの杜とその先生方、親御さんたち。
みんなこのゴスペルで涙してましたよね。
『君は愛されるため生まれた』
きみの存在が 私には
どれほど大きな 喜びでしょう

出張その1

出発前、かつてないほど寂しがって見送る子どもたち。
最近、ガンダムに興味を持ち始めた子どもたちに、
なぜか人気急上昇のワタクシ。
4泊5日です。

今回はお土産をひとつも買いませんでした。
アスパラでお礼を、と思っていましたが、
各所でのご好意に手ぶらが恥ずかしくなってしまいました。
あと、行った数に写真の数が全く足りません、ごめんなさい。

初日は大得意先にご挨拶に千葉県柏市へ。
お礼とバイヤーさんの情報をいただき、来年の計画も少し。
その後は世田谷の今年からお世話になっているパン屋さんにご挨拶、
昼食をご馳走になった上にお土産までいただくという、なんとも恐縮。
百貨店のバイヤーさんにも突然の訪問でお時間をいただきました。
天ぷら屋さんでは一次産品がとにかく入手困難な厳しい環境について
教えていただきました。求める質が高くて背筋が伸びます。

2日目、かわいいムスコが送って欲しいという新幹線の写真です。
私も久しぶりにのって、そのスピードには現実感を失わせる力がありますよね。
慣れたらなんてことないんでしょうけど。

新幹線で、朝一に静岡県三島市で打合せ。
「会ってから商売」が基本のうちやま農園。
来年に向けて新たに会う人と、お礼に会う人など、とにかく人に会います。

打合せの感触は可もなく不可もなく、でしたが、
友人から聞いていた源兵衛川を散策して、静岡の素晴らしさに触れました。
北海道では自然がどうこうと言いますが、
静岡のような歴史があってかつその大事さを理解している
市民の民度の高さが窺える環境に、感動しました。

カワセミを初めて生でみて興奮。

そして横浜経由で麻布へ。
こちらでは新たなお店とお付き合いできそうで、わくわくしました。

夕方には古くから友人のように付き合っていただいてる商店へ。
自分のやりたいことをすぐに口にできて、
現状を隠すことなく晒せるとてもステキなお店です。

夜はお得意様へご飯食べに。
前回も思いましたが、貝料理が美味しすぎます。
そして野菜も。
アスパラもさぞや美味しく・・・。


3日目は大手レストラン経営会社に挨拶し、また東京へ、
そして神楽坂のお得意様のお店でランチして感動し、
また駅構内を走って横浜へ、すぐに麻布へというぐちゃぐちゃのスケジュール。
この一皿に感動。

こちらは2011年からお取引のある元麻布の日本料理。
こちらの店主に「昔の味のアスパラがない」
と飛び込み時に言われ、送ったアスパラを気に入ってもらいました。
時期がずれたものや雨の後などは
味を敏感に感じてくれて、一番緊張しますが、
一番自信を与えてくれるお店です。
レストランや個人に売るときの自信を与えてくれるひとつは、なかださんです。


最終日の夜は恒例の久松農園へ。
今年は流通勉強会と称して農家や八百屋さんなど11名が集まり、
7時間意見交換を行いました。
翌日は圃場や作業場を見せてもらい、
毎年来るべき場所だと毎年再確認させられます。
先駆者って、こうあってほしいと思います。
僕は、真似が得意かな(笑)

この後に寄ったバイヤーさんからは広島進出の話を
いただき、こちらも嬉しくなりました。
広島はうちも初めての取引です。
反応が楽しみ。

最終日ランチは妻のことが大好きな野菜ジャーナリスト、
篠原さんとイタリアン。
店主を紹介していただき、同年代にビックリ。
来春のアスパラを楽しみに、半年待ってもらいます。

書くとキリがないので、ざっくりと書きましたが、
年々充実していきます、出張。
出会いが出会いを呼び、いい商品がいい人を呼んでる、
なんて実感しています。

今回は夜は中学・高校・大学の同級生とばかり会っていました。
尖がって仕事してた時期を抜けて、
40歳になるとこういう話やこういう承認がお互いにできるんだな、
と客観的にも主観的にも楽しく充実した時間が過ごせました。
お金がかかるとか時間がないとか、
行かない理由もたくさんありますが、
信頼できる人がいて、その輪が広がっているので、
その波及をこちらからも作れるように精進します。

2016年11月26日土曜日

今年は早めに

出張行きます!

営業、といいつつも、新規は少なく、ほとんどは
既存のお取引先へのお礼と来年の計画についての打合せ。

日数も限られるし、アスパラも限られるので、
人と人のつながりを第一に、お付き合いさせていただいております。
私の基本は、会った人とだけ商売をする、ということです。

これからサンプルを送る方にも、担当がかわったバイヤーさんとも、
とにかく一度顔を合わせて話してから、商売の話をします。

2011年から始めた営業出張。
当時はレストランへの飛び込み営業がメインでしたが、
今ではスタイルも訪問先もずいぶん変わりました。

と言いつつも、紹介がほとんどで、
人に助けられるのはいつも私の方です。


東京・神奈川・静岡へは11/27-12/1、愛知・三重には12/6-10です。

お会いする皆様、どうぞよろしくお願いします。

2016年11月20日日曜日

信頼できる人

信頼できる人と仕事すること。

それだけで仕事の目的が達成されたかのうような
充実感に見舞われる感覚、ありませんか?

ここ2,3年は、お客様だけではなく、
人事や業務においてもそういう出会いに恵まれています。

某王手監査法人Tの方に紹介してもらった公認会計士が、
大学の同級生で、似たような方向をみて仕事していたり、
うちやま農園の将来を気にしていただいている方から、
人事面で劇薬的に刺激をいただいて、
アドバイスまでいただける方をご紹介いただいたり、
数ある農家の中からうちやま農園や私に興味を持ってくれて
こちらを頼って仕事をいただけたり、
他にも挙げるとキリがない。

人に恵まれている、といつも思っているが、
年をとるほどにさらに強くなっている気もする。

感謝。
とても感謝。
それを支えてくれている身近な人にも、感謝。

ロマンに反応

日経新聞でコラムを掲載している三浦知良氏。
その内容が秀逸でした。
http://www.kazu-miura.com/column/detail/?article=231
(無断掲載は怒られるのかな?)

私が考える経営も、全く同じことが言えるからです。
ロマンという言葉は、これまでなら全くもってスルーしてました。
しかもいつも読まないコラム。

理想を追うのは、経営も同じ。
その結果が、
吉と出るか凶と出るか、
成功するか失敗するか、
得するか損するか、
喜ばれるか怒られるか、
どうなるかは運にしか委ねられないこともある。

だからといって、手を抜くことは絶対にしない。
運で結論が左右されるとしても、
結果につながる作業は必ず存在している訳で、
それが未来につながることなら、信じてやり続ける。
それもきっとロマン。
気づかずにやっていたことだけど、見方によってはロマンだな、と。

できた、と思ったらまやかしで、
わかったと思ったら幻覚で、
知らないことがわかった時には次に何倍もの知らないことが出てくる。
人間が植物や土にできることなんて、本当に極僅か。
できると思うエゴは捨てたけど、
逆らわずに共存しようと思うと、またやることが出てくる。
そんな風にアスパラを作っていけている昨今。

就農当時に親父が言ってたことも、少しずつわかってきたり。
意固地に決めてやってきたことが上手く行ったり行かなかったり。
みんなの役に立てるアスパラ農家であるために、
もっともっと勉強が必要だと日々感じるし。

でも、伝えることって、本当に難しい。
伝え方も難しい。
そこに言葉と心を尽くす、ということは、
どちらかというとストレスになるので、逃げてきた。
逃げちゃいけない、とか、
愛があれば何でも言っていい、とか、
そんな乱暴な極論ではなく、
自分がどう感じてどうしたいと望んでいるのか。
そこに向き合って、素直に受け入れて、選択したい。

長くなりすぎた。
ロマンは追ってるかもしれないけど、
家族に必要以上の我慢をさせることには疑問がある。
どちらかというと、リアリストだと思っているし、
シニカルと言われればそうだと思う。



さて、積雪の準備がほぼ完了しました。
ハウスビニールを巻き上げ、除雪の目印のポールを立て、
作業機や道具を納屋に片付け、殺鼠材を撒き、
投雪機の準備を完了させる。

そして最後に、分析用の土をとり、
アスパラの養分転流の目安となる貯蔵根をとります。
白粘土に根が貫通してて喜んだり、
圃場による土の違いを実感したり、
思うようにいかない土作りのことを痛感したり、
吸収根の多少の差がよくわかったり、
面倒くさい仕事ですが、いい時間です。
丸一日かけて畑を歩き回り、
21筆を集めました。

毎年同じなのは、なるべく根を切らないようにしたいのに、
「バリバリッ」という音と共にたくさんの貯蔵根が切れて、
「勿体無い!」と悲しくなるものの、
「よしよし、来年もたくさんとれるぞ」、と思います。
出来が悪いときには、貯蔵根も吸収根も少ないですし、
糖度も低いです。
今年は全般的にけっこう良いので、来年に期待してます。


そして、家の中で分析する土を乾かし、
根中糖度を計って来年の参考にします。



露地のアスパラは、ワインみたいに毎年最高の出来なんて有り得ないです。
前年の養分転流、春の天候、土作りの成果などなど、
見えない要素がたくさんある中で、
その年その年の味を理解してもらえたら嬉しい。
ハウスアスパラは、そうも言っていられない。
ある程度環境を制御できるので、言い訳が露地の半分くらいしかない。

露地だけじゃなくハウスも多くなる来年は、
新たに試される年になりそう。
ロマンだ。

2016年11月15日火曜日

落ち着かない、冬の入り口

11/5、楽しみにしていた(私がw)幼稚園の親子登山が
雪のために中止となり、うちでポップコーンパーティーに。
かわいいねえ、元気で個性的な子どもたち。

元気があまって外でも遊びます。
今シーズン初の雪遊びに大はしゃぎ!

天気が変わりやすい時期には、雪雲の境目まで見れます。
ついさっきまで晴れていたのに、右(西)から雪雲が。

そしてまた快晴。
気持ちいいです、家の中では。
外では空気が澄んでいますが、とっても寒いです。

11/12には、パートさんの基地を撤収してもらいました。
また来年4月~リースします。
クレーンユニック車の作業にちょっと興奮するムスコ。

その日の午後、ちょっと講演で札幌ファクトリーへ。


雪が断続的に降り、気温も上がらず、
雨も多い最近で、外作業ができる時間が限られてます。
11/14、ようやく全てのハウスの片付けが終了。
冬支度も終われそうです。
春小麦の初冬播きは、畑が乾かないのでばら播きしてみました。
さてどうなることやら。




以下、思いつきで書きます。


会社の事業は、基本的には社会の困りごとの解決、
で間違いないと思っている。

農業をやっている、野菜を作っている、というのも、
食糧を必要としている人がいる、という後ろ盾がある。
我々の仕事も必要な経済活動だと自信を持って働ける裏づけだったりする。


それに関連するのは私の脳みその中だけかもしれないが、
女性の社会進出、という社会目標には大きな違和感を覚える。

沢山の論点はあると思うが、ひとつの見解だと恐れずに書くと、
大目標として掲げているのは男性であり、
現場での小目標とはマッチしないのだ。
地域や業界といった現場では、女性がリーダーになることを
さほど必要としていないし望んでいない、と思っている。

つまり、古くから存在する小さなコミュニティでは、
男性が権力・名誉を手にすることに固執しているのではないか、
ということです。

この辺の現場の話を農業の視点からだけに絞ると、
家族経営の農家ではほとんがこうではないかと。
女は黙ってろ、女の癖に、といった風潮は随所にみられます。
これはうちの妻がうちの農作業以外の活動をしはじめた頃に
我が家でも見られたことです。

農協でも見られます。
地域の各組織でも見られます。
子育て中の女性は仕事の性質上仕方ないにしても、
それ以外の女性については、論理的思考については男性以上です。
しがらみ、だべり、名誉、裏話の掌握などなど、
動機は極めてクダラナイ物だと推察されます。
「知らない」ということを女性非登用の言い訳にすることもよく見ますが、
教えてもいないし、知ってしまえばつまらないことが多い。
知らなくてもいいことも多い。

という訳で、グローバル化という言葉の元に、
何でもかんでも対応しなけらばならない錯覚に陥りがちですが、
現場には現場のやり方があるし、それは平均・標準といった
言葉では片付けられない、個別のしがらみを見極めた決断、が必要でしょう。