2017年2月27日月曜日

のんびりと

2月下旬は、確定申告も営農計画も一段落し、
子供たちとゆったり過ごせる最後の時間です。

2/21には、わくわくの杜の茶道の公開日でした。
お母さんにお茶を出して、下げるまで、
裏千家の作法で真剣にやってくれました。
私は先生が見かねてお茶を入れてくれたのですが、
下げるのはムスコの役割となり、
みんなに見られて緊張しながら下げてもらいました。

2/25には、ムスメのジャズの発表会。
旭川のジャズ教室がバレエ教室に出張で教えてくれてるので、
発表会は旭川で。
なので、お約束のラーメン。
ステキな発表会でした。
プロは表現力が違いますよね。
ヒップホップダンスは少し退屈でしたが、
本場のジャズダンスは、鳥肌モノでした。

そして、同日25日から除雪スタート。
が、夜には大雪がきて、26日夜から28日までは
大寒波がきて-20℃以下まで気温が下がります。

夕焼けが最後の寒さを告げるようにキレイです。
来週7日あたりからハウスを張る予定です。
少しずつ、少しずつ、でもあと1ヶ月で、
ハウスアスパラが食べれます!!!
もう1ヶ月!!!

急に楽しみになってきた!

2017年2月20日月曜日

経営改善とか・・・

投稿の間隔が空いたままです・・・、
読んでいただいている方、ごめんなさい。

思いつきですが。

経営が逼迫して改善が急務の事業体と、
余裕があって改善しなくてもいい事業体とでは、大きな差が出てくる。
それは、新たな事業や業務改革や作業効率化や営業活動などを行うにあたり、
真剣さ、集中力、実践、スピードなどで
経営が逼迫している方が大きく上回るからだろう。

実はそれは、経営状態が良いか悪いか、とは別かもしれない。
仕事へのやりがいの有無は、その人がその人なりに見つけいるわけで。
本人の資質と言ってしまうと本当につまらない話になってしまう。
向上心だけで、危機感がなくても改善し続けられるのだろうか?
とか、面倒なことを考えるのは冬だけ。

スキー三昧の今年の冬は、身体の調子も悪くないです。
ちびっ子の2人がリフトに乗って仲良く下りてきます。
あっという間に成長します。

今年の「いいね!農style」は、
いい内容が多かった気がします。
受け入れられた自分の問題かもしれませんが・・・。

そして、また思ったりします。

誤解を恐れず言いますが、最近の農家はどうしちゃったの?
何か1つ2つのことで土や作物が劇的に変わるなんてあり得ないでしょ?
積み重ねですよ、大事なことは。
自分のとこの土や作物と向き合って観察して変化を予想して、
そうやって良い農作物を沢山収穫するんでしょ?
土や作物の観察眼は地元の親父たちがいます。
中にはキチンと知ってる人がいますよ、必ず。
責任をもって真剣に、自分の土地の土や作物と向き合おうよ。
簡単に片付けるのは、複雑さを理解してからです。


そして、ひとり乗りのリフトにも乗れるように。
小さくてかわいい。

友だちとスキー場に行っても大騒ぎ!

家の雪は相変わらず少ないですが、
スキーの後でも外で遊びまわる元気な子どもに
育っていてくれて、嬉しい。


この時期、確定申告やら営農計画書やらで落ち着かない。
数字だからやることやったら終わりなんだけど、
ルールに従ってこなす苦しさがありますよね。

農家の会合も増えます。
毎年書きますが、もんもんとすることが多いですよ。
同じ意見や同じ境遇の人が集まって・・・、集まることが目的?
それもいいんだけど、常に「もっと良く」に向かわない組織、
その時点で存続の必要がない、と思ってます。
役割が明確ならいいんだけど、変わらないこと・変えないことが
正義であるはずがないのだ。

発展的・批判的な思考や発言は、大体の組織で運営側には加われない。
そうした発言をしても運営側に上げてくれる組織は、ほとんどないですが、
極まれにあります。
そこでは尽力します、もちろん。
発言を抑えて、同調しているかに見える人だけを運営側に上げる組織は、
絶対に発展しないと断言できるし、そうして運営側に入る人間も発展性がない、
と感じてしまって、距離を置くんですよね。
良いか悪いかで言ったら、悪い、でしょうね。
大人なんだから、とか、我慢が必要、とか言われそう。

バレンタインデーは、もちろんムスメから^^

そしてカムイスキーリンクスでゴンドラ初体験。
8回も乗って、親がしんどい。

しつこく、毎週行きたがるムスコ、少しがっちりしたかな。

と書いてる間に、まもなく除雪作業がスタートします。
今年は雪が少ないですが、気温は例年並みなので、
下手に急がず、ゆっくりと4月1日の初出荷を目指して
作業を始めたいと思います。

お手紙やチラシ、HPや採用面など、
今年も少しずつパワーアップしていきます。

2017年2月5日日曜日

なんとなーく

なんとなーく、書き始める。

最近はブログに書く内容が変わってきたんだな、と痛感。

ブログを読みました、という問合せをしてくれる人たちが、

これまでと変わってきたな、と実感してます。

自分の変化は自分の中だけではなく、

外の環境から気づくのが、

客観的な評価を受け入れることになると思ってます。



人や組織の批判をしていた時の方が、

尖がった人材に引っかかったと思う。

だけれども、批判する時間も使う脳みそも勿体無いので、

それはそれで流している。

それによって、ブログの内容がつまらなくなっているのだとしたら、

それは私自身がつまらないということだろう。

万人に受け入れられる必要はないと思ってます。

だから、今の自分はそうなんだろう、と受け入れるのみです。



こういう人間になりたい、という気張った考えは、もともと無い方です。

考えて、受け入れて、考えて、実践して、考えて、受け入れて・・・

そんな詰まらない進み方をします。

2017年1月29日日曜日

北海道Roots研修in長野

昨年10月くらいに決定して練りに練った長野での勉強会。
人と仕事することを学ぶなら、この人しかいない。
そう感じた1年前の萩原さんとの出会い

1/23-24、私を含む北海道Rootsの7名で伺いました。
自己紹介からの懇親会で空気を暖めて、
本題へ。
農業が自営業を前提として成り立っているという不自然と
産業として雇用の受け皿も人材の囲い込みも出来ないという
不毛な状況を良しとしてはいけない、と問題提起。

一方では事業を展開していく上での雇用、
家族の代わり・チームの発展のための雇用もあり、
小さなチームにもどこかで雇用は付きまとうという現実も理解。

どうやってチームを作るか、なぜ作るかなど、
本質的な話に触れる第一部から、
27時まで続くというテーマ別の二次会という名の小集会。
雇用に限らず、経営を晒し、弱点を晒し、人間を晒す
向上心あふれる経営者の話は尽きません。


翌朝7時からの朝食では、家事をしないAさんがご飯を
よそうという事件も発生。

8時から前日行けなかった萩原さんの圃場・作業場、
もうひとりのステキな農家の在賀さんの作業場と自宅を
見せていただきました。
ここでようやく萩原さんからマンツーマンでご意見をいただける。

2日目は「そうは言っても」というテーマで、
昨日話した理想や目標などを、
もっと泥臭い現実をふまえて話すという集会。

がっちりと話をして、名残惜しくも清々しい表情のメンバー。
久松さんにも参加していただいたお陰で、
論点が明確になったり、もやもやしていることを言語化して
もらったり。やはりどこでも頼りになります。


北海道のメンバーに萩原さんと久松さんと
深く関わってもらって、企画した側としては
本当に良かったと思ってます。

彼らに会って刺激されない人は、もうダメでしょう。


今回の勉強会で強く感じたことは、以下の点です。

・仕事や給料を与えると表面的には見えていても、
ある人には責任だったり、課題だったり、信頼だったり、
それぞれの人に合った何かを与えていくことが成功のカギだろう。

・人への投資も1年ではなく2,3年で回収するイメージがあると、腰を据えられる。

・(ポジティブな意味での)撤退のビジョンを持ちつつ経営。


すぐに起こすアクションは、

・正社員採用開始

・パートさんとの会話を増やす。話しやすくする努力はより行う。

・仕事をつくる


人と仕事ができることの喜びは、
小さな個人事業主の醍醐味かもしれない。

2017年1月21日土曜日

もうこんなに経過しました

新年、一度も更新しておらず、すみません。

本年もよろしくお願いいたします。

とりあえず、3日-5日は、子供たちのスキー教室。
どこにいてもお母さん大好き。

8-9日は、幼稚園の仲良しさんたちとお泊まり会。
男子は男子、女子は女子。
本当に楽しくて仕方ないキッズたち。

11-13日は、家族旅行。
今年はキッザニアをメインに東京へ。
上野動物園ではハシビロコウに大興奮
もちろんジャイアントパンダも。
夜も明るい東京。レインボーブリッジと東京タワー。
キッザニアでは姉弟別々に。
ムスコは緊張、ムスメはどこでも楽しそう。




お台場のガンダム立像も。
ホテルで遊ぶのも楽しかったようです。

帰ってきても、まだまだ雪が少ないです。
例年よりも80cmくらい少ないと思われます。
ただいま積雪40cm。

晴れた日はキレイですが、少ないのが気になります。

子供たちがスキーが楽しくて仕方ないようで、
暇さえあればスキーに行ってます。
23日からは私単独ですが長野に研修に行きます。
それが終わればようやく落ち着いて来年の計画に入ります。

あわただしく日々が過ぎていきますが、体調はすこぶる良いです。

仕事では、お客さんのためにも、自分達のためにも、
たくさんやることが見つかってます。
楽しさも苦しさも見えてきてますが、積極的に取り組みます。

2017年1月1日日曜日

今年も年を越せそうです

年の瀬です。

ひまを持て余す姉弟。
内山家は基本ゲームは禁止なんですが、
ついに解禁です。ファミコン。
最近のゲームは買わず、私が大学時代に遊んでいたものです。
アナログだけど、単純で面白いようです。


冬休み中の預かり保育には少しだけ行ってもらいます。


終業式の朝、お姉ちゃんを送るムスコ。
4月からは2人でスクールバスで通うと思うと、泣けてきます。


妻と、こっそり打ち上げ。
今年の妻の経営への貢献は、半端じゃなかったです。
来年はもっと貢献してもらえそうです。
現場を支えるのは、裏方ですよね。
8年来のお付き合いになる「日本料理とらや」さん。
農家になる前のサラリーマン時代から大好きなお店。
だんだん和食に寄っていく年頃。
丸山さんの料理が身体に沁みます。


静かに読書も、こちらはありがたい。


今年は雪が少ない。12/24でこんなもん。


サンタは、良い子には来ますよね。

パーティー準備もばっちり。

友達とたくさん遊べるわが子がかわいい。

年末恒例の、ワックスかけが終了。

これを書いているのは1/1です。
年末に仕事と遊びを詰め込みすぎました。

農家の後継者として不安な経営1年目でしたが、
何とか無事に年を越すことができました。
お客様と農家と共に在ります、と謳っていますが、
こちらのブログの読者の方々も私にも感謝感謝です。

自分の偏った考えをどこかで誰かが読んでくれている。
批判があるにしても、間違った解釈をされることがあっても、
受け止めていくれる人がいることは、とても安心します。

2017年は基礎固めはもちろんですが、より良い投資に
注力したいと思っています。
どこにって、そりゃあまずは人です。
人が喜んでくれる投資をしていきます。