2018年11月10日土曜日

まだまだ農作業中!


これ、10/31の写真。
真夏なみのなり方ですが、遅れて何とか収穫できたのでヨシとします。
本日11/10に収穫終了しました。


ハウスのアスパラもそこそこ黄化したので、一気に刈取。
3日ほどで13棟が綺麗になりました。

落ちた擬葉を焼きたかったのですが、時間がなくて叶わず。


おっと、こちらはムスコの所属する奈井江サッカースポーツ少年団。
5年生以下の「チビリンピック」北空知予選で見事優勝!
来年4月の全道大会に出場します。
2年生のムスコは5年生の欠席もあって急遽召集され、
毎試合出場させてもらいました。
3ピリオド制で1ピリオドと2ピリオドは別の選手が出場しなければならないので、
最低でも16名が出場するため、選手層が大事な大会。
奈井江は5年生も4年生も8名いて選手層が厚いため、
優勝することだ出来たんだと思います。




こちらは、買って2年目の畑。
昨年秋に無罪暗渠を10m置きに縦横入れてもらったのですが、
いまだに泥炭が上がっているところが碁盤の目になっています。
端の5反には本年アスパラを植えましたが、
もう少し土地の様子をみたいので、他の3町は今年も春まき小麦です。

ちなみに、大豆と麦は、全て父が作業します。
私はアスパラと野菜にかかりっきりなので、機械作業は父メイン。
ほんと、助かります。


ようやくハウスの被覆をはがし、片付け作業の目処が立ってきました。
しかし!雪予報がまだ出ません。
あと1週間で大方の片付けは終わりそうです。
11/19-21には愛知・三重に出張を入れていますが、
帰ってきてからハウスの移設ができるかもしれません。
変な気象になったもんだな・・・

2018年10月29日月曜日

仕方ないこと(抽象的だけど)

「それは仕方ないですね。」

そう言ってくれることで、救われてます。
責任は常に自分にあると思って仕事しますが、
それは仕方ない、と言われると、
その場で決して肯定はしませんが、気持ちが楽になります。

それが承認の欲求を満たしてくれているんだと思います。
仕方ないって、自分で諦めるんじゃなくて、
第三者からみてもそうだよな、という安心もあったり。

でも、人はどこまでも信じていいんだと思います。
ちょっとした内輪もめやネガティブなことが起こってますが、
基本的には悪気はないと思います。
他にいい仕事先ができた、という外的要因によって、
うちのスタイルやうちの姿勢が変わることではないです。
地域の人のために、仕事を提供し続けます。


さて、こちらは枯れてしまうアスパラ。
もう少し緑のまま管理したかったのですが、
メリーワシントンのハウスは早く枯れてしまいました。
なぜか生育が遅かったズットデルチェのハウスはまだ緑緑しいです。


トマトは、氷点下の危機をストウブで何とかしようと、
ハウスに夜な夜な点火しに行きました。
でも、ストウブを設置しなかったハウスも大丈夫でした・・・



前回、好調と書いたカリフラワー。
2日に一回の収穫ですが、一回に300kgくらいとれます。
もう冷蔵室が狭いくらい。

ありがたいことに、市場の価格も高くて、ラッキーです。
ひとつ250円もします。
それでも高騰する年はもっとしていたそうで、
今年は夏から野菜不足で高い価格に対応できないそうです。

ハウス、ようやく畳み始めました。

まずは新設したハウスから。
一番背の高いハウスが片付くとホッとしますが、
まだまだ、あと16棟もあります・・・


そして昨日は楽しみにしていたミスチルのコンサート。
ついでに友だちに会いに、函館まで行ってきました!
ポジティブな歌詞に、英気を養いました。





その間、妻と子どもたちは「ごはん展」へ。
大好きな白米とそのおかずを楽しんだようです。
素晴らしい企画です。
さすが妻の友だち、優秀な方ばかり。

2018年10月16日火曜日

秋があっという間

ブログの更新頻度があがりません。
下がる一方です。
タイトルを近々変えようと思います。
ひとつの思いのようなものに絞ったほうがいいですね。
そしてターゲットも明確に。

ミニトマトが植え遅れからあまりとれずにおわりそうです。
もう悩むの止めました。
来年リベンジします。


ムスメのバレエの発表会が終わり、
おしゃれなバレエ女子が打上でうちに遊びに来ました。

やることがかっこいいなあ。
日々成長するムスメですが、学校以外の環境も大事だと痛感します。
特に田舎では。

こちら、ムスコのサッカーのチームメイト。

今年からU-8の大会で勝てるようになり、
北空知大会で初優勝の写真。
みんないい表情。

その後の25チームが集まる大会では、
予選リーグで敗れて2位リーグに回ったものの、
そこで優勝。
全員が一生懸命ボールを追うハイプレス作戦を見事に身に着けました。
まだまだだけど、今後も成長しそうな、
穏やかで仲良しなんだけど一人ひとりは負けず嫌いの2年生。

なお、ムスコは初めてチームMVPをもらい、
約束していたユニフォームを買ってもらいました^^

習い事が一段落したあとは、
幼稚園時代の仲間とワイワイ。
子供たちがいい友達に恵まれたお陰で、
我々夫婦もいいパパママ友だちに恵まれてます。


10月は片付けの季節だったのですが、今年はまだ収穫が残ってます。
アスパラではなく、ミニトマトとカリフラワーとズッキーニ。
今年の露地農作物は全てがめちゃくちゃでしたが、
秋の好天もあってカリフラワーだけはけっこう良い出来です。

少し悩んだのは、パートさんのこともあるかな。
今年は色々な問題がでました。
人ですからね、色々あります。
でも私としては、全てのパートさんに感謝です。
なるようになるし、こちらの姿勢や心が、パートさんに影響します。
もっと良い環境を整えたいし、もっと話す必要もあるかと思います。
厳しさも、時には必要です。

2018年9月15日土曜日

建設は死闘、破壊は一瞬

9月5日、14年ぶりに被害が大きかった、台風21号。
その翌日の平成30年北海道胆振東部地震。
そして停電。

今思うと、一瞬でした。

これまで他人事だった被災地の報道。
自分が当事者になるとは。

台風が来る前は、ミニトマトの花が多くて困ったなー、とか、

アスパラの品種比較を楽しんだりしてました。

もちろん、たいさくもできる限りしました。

対策してても、風速25m/sの風にはかなわない。


強風にともなう危険のため、パートさんの仕事は休み。
失意の中、破損ハウスの応急処置を行った翌日。
地震速報で子どものベッドを抑えに走り、やれやれと眠ろうとしたら停電。
大事になるとは思わずにそのまま翌朝までの仮眠をとります。

早朝のパートさんは、台風直後の停電の中でも、5時から働いてくれます。
その後の午前中のパートさんも家族を残しながら仕事に来てくれました。
本当にありがたいことです。

幸いにも、地震の半日後には電力がもどり、
収穫物も冷蔵庫で保管できましたが、
電気がないと交通が麻痺し、延いては物流がストップするという、
想像しなかったことが起こりました。

ヤマト運輸が生命線だとは思っていましたが、
それが機能しなくなるということが想像できないとは、油断でした。

自然は、太陽光や雨の恵みをくれますが、そりゃあ奪うこともあるよ。
すぐにそう感じました。いつも恵まれていたんだと。
まして人がつくったものなんて、いつなくなってもおかしくない、とも。

タイトルは、ビジネスマンのときの先輩の言葉。
未だに事あるごとにリピートされてます。


台風通過後には温度が上がってアスパラもとれましたが、
9/11-13日にかけて、毎日最低気温が7度以下になり、
アスパラの萌芽がほぼ止まってしまいました。
今年もあと1週間ほどで収穫収量です。


2018年8月28日火曜日

一瞬、夏が来た

低温の影響から生育が遅れいていたアスパラ。
お盆前に、ようやく例年通りの綺麗な夏アスパラが
とれはじめました。



しかし、その矢先のお盆には、最低気温10度まで2日続けて下がるという悲劇。
勢いのあったアスパラは急にこうなってしまいました。



その後、温度はもどったものの、一度低温で収量が落ちると、
全盛期ほどにはもどりません。
例年夏アスパラ全盛期は7月下旬~8月下旬までありますが、
今年はそれは3日です。
もう一度、最低気温が10度まで下がったら終わってしまうような姿をしています。


こちらは、新植したハウス。
低温でもやはりハウスは安定してます。
唯一心癒される圃場です。



秋は秋で、アスパラの味は最高なのです。
美味しいアスパラは、もう少し続いて欲しいです。

2018年8月12日日曜日

失敗だらけ

この夏は失敗だらけ。

アスパラの減収分を補おうとして無理して作った露地野菜が、
管理不行き届きでのきなみダメ。
ソラマメは種代がでたくらい、
ズッキーニは生育遅れ、
カボチャも3週間程度の生育遅れ、
トウモロコシも7月の低温豪雨によって3週間遅れ、
ミニトマトは他の野菜の作業が忙しくて手を付けられない、
そしてアスパラは昨年同時期の1/3の収量です。

アスパラについては、
アスパラの立茎開始時期の見誤りと、
ハウス立茎時期の遅れによって、
昨年を大きく下回る収量となっております。

それもこれも、基盤のアスパラが磐石ではないから。
そしてアスパラを磐石にするための布石(要はしっかり土作りしてアスパラを定植すること)としての、新植を行ったことが大きな要因です。
無理かかるけど、何とかなるかなー、
と思っていた作付計画は、天候不順による作業の集中によって、
思ったほどの成果を挙げておりません。

それでも、価格をもし直しつつあるズッキーニと、
お盆明けから収穫が始まるミニトマトで、
何とか収入を確保したいのです。

どうだ?大丈夫か今年は?
と毎日心配ばかりしています。