2020年7月18日土曜日

7月は管理作業

農作業でよく聞くのに意味が分からない言葉は、
管理作業、なのではないでしょうか。
少なくとも僕は就農前に思ってました。
実際に農業は、8割が管理作業だと思います。

こちらは、5/23定植のアスパラ。
もう草丈が1mにもなるので、
草取りして、イボ竹を立ててネットを張りました。
この作業だけでも、面積55aで、延べ時間で54時間。
小型トラクタや杭打機などの機械があってもこの時間。
この後は、草取りがまたちょこちょこありますし、
さらに生育が良ければ、また倒伏防止のネットや紐を
かけることもあるでしょうし…。
まあこの辺で。

バイヤーさんが視察に来てくれました。
三重県のスーパーサンシさんです。
2016年からのお付き合いです。
このあと、信頼できる農家を2軒紹介しました。

ハウスの夏アスパラがようやく萌芽を始めました。
写真でアスパラの株もとに白く見える突起物がアスパラです。
親木の仕上がりが早かったものの、6月の低温が響いたようです。
予定より、10日ほど遅れております。
仕上がった後の夜温の影響が大きいと思ってましたが、
それだけではなく、やはり積算温度も大きく関わってました。

ズッキーニ、今年は過去最高に綺麗な畑です。

カリフラワーは、ヨトウムシの被害にあい、
600株くらい植え替えました。
今年は4,000株ほど育てます。

トウモロコシは、ピクニックコーンです。
トウモロコシの注文が2,000本を超えていたので、
慌てて注文をストップしました。
美味しいトウモロコシを皆さんにお届けできるよう、
この後の管理がとっても大事。

ミニトマト、今年は過去2年の失敗を糧に、
逞しく育てています。
収穫のピークもお盆明けに持ってこれそうです。

春の雹被害もありましたが、先日美唄市だけに出た大雨警報。
こちらは少雨ですみましたが、遠くの空が恐ろしい感じになってました。

家の前の景色が一変してます。
平地にした後は、客土です。
蟻塚のように、きれいに土が並びます。
基盤整備では、過去からの経緯、無言の圧力、
1区画内の土の違い、作物の違いなどなど、
様々な現状を受益者が我慢の調整をして、行われます。
国営で基盤整備してもらうんだから文句言うな、
みたいな乱暴な話では片付きません。
農村社会はそこまで単純化・簡素化されていません。

先日も、うちの農地に入る取付道路が、何の許可もなく撤去されました。
とある会が許可したそうですが、うちは何も知らされてません。
隣の土地の工事上、基盤整備の受益者全員が協力することはわかります。
でも、事前に話もなく急に、という事態には、父が猛反発。
責任者は工事上仕方ないの一点張りで、誤りもしません。
みんなのために仕事する地位にある人が、
人のために仕事をせずに、我慢ばかり強いる。
これでは政治家の言いなりになるメディアや会社組織と同じです。

というところで、終わります。

2020年7月11日土曜日

豪雨の恐怖

豪雨被害にあわれて方々の苦しみ、
自分のことのように感じております。

と言いますのも、2017年、2018年、その前にも何度も、
アスパラ農家は長雨による病気で消失しているからです。

病気への恐怖、無力感、苦しい資金繰り、
もちろん身の危険も感じますが、
自営業者としては本当に心が締め付けられる苦しさです。

アスパラ農家に限らず、農家も、農家以外の人も、
豪雨被害から無事でいることを祈っております。

こんな豪雨の中、コロナ対策の補助金の申請が行われています。
明日は我が身、もらえるものをもらっておかないと、
いつ経営が傾くかわからない。
それはわかっているのですが、そのお金を自分が使うよりも、
もっと大変な人のためにとっておいてほしい、とも思ったり。

綺麗ごとと思われるかもしれませんし、
僕が使わなくても誰かが使って、
今の被災者には違う形で補償なり補助金なりが
行くこともわかっていますが、
自分の気持ちが悪いのです。


さて、病気対策で消石灰を散布しました。

中にはこんなにきれいな畑もあります。

新植したアスパラは病気にはあまりかかりません。


対策をしたのに、やはり立茎のある時期に
長雨にあたると、罹病は避けられません。
株の抜き取りも収穫と同時進行です。

どうぞ、少しでも豪雨被害が少なく済むように祈っております。
私は全力でアスパラを作ります。

2020年6月17日水曜日

6月もアスパラが良いなんて、久しぶり

緊急事態宣言が解除され、
アスパラを取り扱ってくれるお店も増えております。
子供たちにはダサいと笑われますが、
こんな写真も売り場にあるようです…。
露地アスパラは20日か25日まで収穫予定。
ギフトはいったん中止してますが、
小売店さんではたくさん売ってもらってます。
細くなってきちゃうんですよね、収穫終盤になると。


ハウスの立茎も順調です。
収穫の打ち切りが早すぎたようで、
側枝の勢いが凄まじいです。


ムスコのサッカー、チーム練習はまだ少ししかありません。
体を持て余すムスコの自主練に付き合いって、
大事な仕事を忘れてしまったり…。


今年は茎枯病の対策として、
立茎時に消石灰を散布することにしました。
立茎初期の罹病を防げれば、概ねクリアできます。
これまでは面積が多すぎてできなかった手間を、
今年は徹底的にかけていきたい。

立茎を始める時期を見極める、
培土や消石灰散布を徹底、
観察する、
といった感じ。
当たり前のことなんですけどね、
できていなかったことだらけで、反省です。


6月から、国営の基盤整備が入りました。
構想から15年以上、全面積10,000ha。
このあとさらに3年もかかるそうです。
うちは6年前に半分の畑が入って、
今回は家の前の畑です。
ブルドーザーがカッコいい!


来年定植するアスパラの種の選別です。
今年は特に品質が悪いです。
何せ小さいし、形も悪いです。
種の袋にはこんな注意書きがありますが、
これ、販売できるレベルじゃないでしょ。
種の選別を厳しくするだけでいいはずなのに。
これでは、買った農家にすべての責任が委ねられ、
定植後に苦労する姿が浮かびます…。


学校も通常化し、気づけばもう半年が過ぎます。
変化が多い年ですが、合わせたり守ったりしながら、
生きていきます。

2020年5月30日土曜日

毎年の感謝

間もなく露地アスパラのギフト発送が終わります。
今年もたくさんのご注文に感謝です。

今年は新たに、6回もアスパラをお届けするという
セットを作ってみましたが、なんと
けっこうな数のご注文があり、
アスパラ好きが多いことを痛感しました。

ギフトは秋まで続きますが、
露地アスパラがメインのうちやま農園は、
この時期のギフトが最も多く、
この時期の作業場は戦場のようです。
一段落するのは、寂しいですが、ほっとします。

昨年のマツコの知らない世界から
1年も待ってご注文いただいたり、
毎年お取り寄せいただいたり、
贈答品として利用していただいたり、
久しぶりに購入いただいたり、
過去最多のご注文をいただきました。

今年の北海道のアスパラは、全体的には豊作傾向で、
天候も局地的被害を除いてはおおむね良好で、
量品質のものがたくさん流通しています。
ここ2年の不作で栽培を止めてしまった
アスパラ農家がたくさんいますが、
踏ん張った農家の努力の結晶だと思います。
どうぞみなさん、今だけの、
北海道の美味しい露地アスパラを堪能してください!

2020年5月28日木曜日

これを機に、て、そもそも…

遠くに霞んで見えるのが、スタッフの方々。
7名います。
今年、定植する畑の長さは、350m。
2年前に植えた畑の隣に、同様に55a、
約1万株植えました。

定植は手作業。
機械で溝を掘ったあと、
30cm置きに苗を置いて、
あとは手で植えて土をかける。

植え終わった後は、こんな感じです。
雨前でこれから気温が上がるという最高のタイミングでした。

それにしても、種の品質は最悪だった。
良い時のウェルカムなら1dlで3,000粒くらい。
それは10年以上も前の話で、昨年は3,500粒、
今年は4,000粒も入っている可能性があるとか、
もう悪い種を選別きちんとしてほしい。
写真は、右が健全苗、左は奇形苗です。
萌芽本数、太さ、こじれ方で見分けます。
ウェルカムの苗は7,000株ありましたが、
分けたら1/3は廃棄でした。

気づかずに植える農家はたくさんいるし、
圃場で枯れても育て方悪いと言われておしまい。
アスパラは3年かかるから、その間に枯れたら最悪ですよ。
ゼロじゃなくてマイナス。
それなのに種の品質が悪いって、どうなってるんでしょうね。


雨、降る時は多すぎる。


さて、タイトルなんですが…。

外国人労働者が来れないから、農作物の収穫がピンチ、
みたいな話をよく聞きます。
確かにコロナ禍によって表面化した事象ではありますが、
コロナだけが原因なんでしょうか。

 常々申し上げておりますが、
農作物の価格が生産原価を全く無視した、
量販店が売りたい価格、に支配されている気がしています。
実際、消費税があがっても、物価が上がっても、
市場での価格は横ばいか下がる一方。

その安い取引価格に合わせるように、
経費を削るしかないと考えてしまうと、
園芸作物の経費で大部分をしめる労働力を、
海外の安い労働賃金でなんとかしよう、
という発想はわかります。

輸出も同様ですが、間に何人も入って、
中間マージンがたくさん発生するような仕組みに、
本当に頼っていいのかどうかを、もう一度考えるべきだと思います。
視野が狭くなっていないでしょうか。

結果論だろ、とか、これは仕方ない、とか、
色々あると思います。
でも、量販店が消費者を代弁しているなんて、
たぶん半分は嘘です。
おっと、書きすぎたの、少し削除しました(笑)

うちも頑張ります。
必死ですよ、経営を続けるのって。
そして、うちも人(仲間)に頼ってますし。
でも、家族やスタッフが笑顔で働いてくれて、
お客さんが喜んでアスパラを食べてくれる。
この単純な仕組みを追求していきます。

2020年5月23日土曜日

ピークはいつだ?

雹の次は、霜に脅かされました。
朝作業を始めると、何だか空気が冷えすぎている。
車のガラスも水たまりも凍ってませんでしたが、
ハウスの表面がガリガリに!



幸い、アスパラにはほぼ被害がありませんでしたが、
冷えすぎたので少し筋が固くなってしまったかもしません。


しかし、ピークらしいピークがきません。
露地アスパラの収穫開始から10日以上たちますが、
20度を超えた日は1日のみ。
ドカッととれる日がなくて、拍子抜けしてます。


なかなか休校が明けない北海道。
いとこが体を動かしに農家のうちに遊びに来る。
水たまりにゲンゴロウがたくさnいて、大興奮(笑)


露地収穫が忙しくないので、ハウスの管理作業が進みます。
上記を更新し、下記に。


ハウスの培土作業もあっという間におわります。


今日から、露地アスパラの定植作業です。
今年は60aに、スパーウェルカムとウェルカムを植えます。
毎年少しづつ、いい畑を増やしていけたらいいなあ。

前回の露地の定植は2年前。
その時は55a。
昨年はハウス1棟のみ。
今年は露地のみ。
来年か再来年は、ハウスを増やして定植します。