2020年1月27日月曜日

子供のため?

子供のため、というと、何でも正義になってしまう、
そんな変な価値観が通用する世界がありますよね。

でも、何をもって子供のためなのか、
何が子供のためなのか、を考えることを
怠ってはいけないと思うのです。

楽園のような幼児のころ、
天真爛漫な小学校のころ、
大人になり始める中学校のころ、
正しい理屈だけを与えることが子供のためとは思えません。
なぜなら、世の中は理不尽なことであふれているから。

その中でも、自分は自分の考え持って、
人のことも考えることができて、
社会の役に立てるような生き方をしてほしい。
それは僕の私見で、どう思おうが個人の勝手でいいと思います。

なぜこんな話かというと・・・。
(あくまでも個人の感想ですけどね。)
あんまりいい話じゃないんだけど、少年サッカーのコーチたち。
子供のこと、怒鳴りすぎだし、口撃しすぎだし、ダメだししすぎ。
昨日観に行った試合でも、励ましたり考えさせたりする声は稀で、
指示して、意に反したら批判して、命令しまくり。

勝つことが子供のためなの?
厳しくすることが子供のためなの?
そういうチーム作りや練習をしてきたんですかね?

もちろん、甘やかしすぎてはいけません。
いい事と悪い事は、大人が教えてあげましょう。

勝利を掲げることで自分の立場を保とうとしてませんか?
勝利を目指す姿勢は大事ですが、結果についてダメだししてませんか?
だいたい、勝ちたくない子供がいると思いますか?
なぜやらないか、子供の立場で考えたことありますか?
大人の考えを当てはめて決め付けていませんか?
などなど、ベンチに向かって客席から野次りたいことだらけ笑

ムスコの所属するチームは少年団なので、
クラブチームほど勝利を優先しません。
(クラブチームは勝利による会員数確保が結構大事なことが多い。)
だから、勝利よりも大事なことがあると言います。
その通りだと思います。
勝利よりも大事なことは勝利を目指した先にあります。

勝利だけが目的になると、その先は見えません。
サッカーを人間形成の手段と考えるべきだと思いますが、
実際はそういうチームは稀ですね。
悲しいことです。

そして、子供たちも大人の口調を真似します。
できない子供をけなし、悪いプレーにケチをつけ、
自分が認められないと拗ねる。
映し鏡です。
子供がどういうサッカーの環境を求めていて、
それにその子供が合っているのか。
将来に直結することだと思うので、学校の環境よりも必死に見てます。

学校教育の内容が薄くなり、
習い事の役割が大きくなってきたと感じてます。
われわれが育った頃よりも、とても大きく。
教育の正解を探すよりも、子供と一緒に考えてくれるとありがたいです。

2020年1月20日月曜日

ここ最近の冬

経営移譲を受けて、4回目の冬です。

就農した12年前は、農家の息子と言っても、
ただの従業員です。

働いても働かなくても、成果を上げても不作でも、
毎月決まった額を親から受け取るだけ。
暮らしが苦しくてもその額で何とかしろと言われるだけ。
必要なお金がなくても、節約しろと言われるだけ。

そりゃあ農家が減るわけです。
まあ、そこは別の機会で書きます笑


冬の生活については、初めの8年間と
経営者となったここ4年とは、がらっと変わってます。

当初の8年は、冬は勉強と交流に時間を使ってました。
勉強は、土のこと、アスパラのこと、栄養のこと、
営業や消費のことなどなど。
友人と合う時間は、離れた農家友だち、
前職の職場仲間、学生時代の友人などなど。
充実した冬。
趣味の読書もたくさんしました。


ところが4年前から、使う時間が変わってます。
経営側になったので、簿記作業はもちろん加わります。
8年間みっちり勉強したお陰で、
実践から身につけることが増えたので、
本から勉強する時間は減りました。
友人に合う時間も、オンシーズンに少しずつ作れるようになり、
冬季集中ではなくなりました。

増えた時間は、経営計画です。
どうやって1年の経営をやりくりするか、考えるのは楽しいものです。
アスパラは昨年の状態から、今年の春の収穫量はほぼ決まっています。
不足の調整を夏のアスパラでできるのか、
他の作物にどこまで時間を使うか。
スタッフの労働環境をどうやってつくるか。
快適な職場、迅速な作業のためにできることは何か。
資金繰りはどうするのか。
販売先は充分か。
仕事を俯瞰する時間は作れているか。
などなど。


変わらず使っているのは、子供との時間です。
これについては、年々増えている気がします。
でもムスコが小学校卒業する4年後からは、一気に減ると思われ・・・、
想像しただけでも結構寂しいです。


そうこうしているうちに、冬の半分が経過してしまいました。
スタッフとの面談や販売先との打合せも終盤に入り、
でも遊び足りないことも、社会的な役割もまだ残っているし、
でももう少しぐだぐだ過ごしたいし・・・、
なんて思いながら、雪解けと春のアスパラを待ち焦がれています。

2020年1月16日木曜日

2020年スタート

本年もよろしくお願いいたします。
昨年より多くブログを更新する予定でいます。

最近は言いたいことを言わないようにしてます。

なぜかと言うと、
反感を買いたくないから。
または、
偏見をもたれると面倒だから。

SNSで簡単に意見表明できますが、
そこには深みがないので、個性を尊重してくれないと、
読んでもらう側も苦しくなってきますよね。

意見や脳内整理には、その背景や理由があるから面白い、
と勝手に考えています。


雪不足と言われていますが、本当に少ないです。
美唄スキー場が1/4にオープンするくらい、少ないです。
1/10、いとこ達とようやく初スキーへ。

スキーにいけない日々には、
じいさんを引っ張り出して、
トラクターでソリを引かせるという遊びが大流行。

こんなに少ない新年でした。
積雪40cm。

アスパラの残渣がまだ見えてます。

それでも、雪で覆われると、満月にはこんなに明るく、
雪の夜は気持ちを高ぶらせる何かがありますね。


1/14まで子供たちの冬休み。
農作業のオンシーズンにはあまり子供に
時間を使えないので、
冬休みはたっぷりとお付き合い。
でも、どっぷりと疲れます。笑

そして、冬休み終了と同時に、今期の仕事スタート。
スタッフ、作付け、ギフト、資金繰り、ハウス設置・解体などなど。
今期は基盤整備事業が入る予定で、土地の4/10くらいが使えません。
すでに来年・再来年を見据えた計画が大事です。
でも、今年も元気で笑顔で仕事することが第一だと思ってます。

2019年12月30日月曜日

ムスコのこと

小学3年生のムスコ。
サッカーに夢中です。

4歳からサッカースクールに通い始めた時、
まだ膝よりボールが高くて、
ボールを跨ぐのも大変でした。
はじめはサッカーが好きというよりも、
走り回るのが楽しいという感じでした。

1年生になり、奈井江サッカースポーツ少年団に入団。
地元美唄にはサッカーチームがないため、
三笠か奈井江か迷いましたが、近いので奈井江へ。

よくわからないまま走り回って帰ってくる感じでしたが、
ドリブル主体の奈井江サッカーは楽しかったようで、
ボールタッチがみるみる成長しました。

2年生になると、4年生の試合に呼ばれるようになり、
時々点数も決めるようになりました。
そこで初めて、あれ、ちょっと上手いのかな、と思いました。

2年生の冬には、コンサドーレ札幌U12のセレクションを受けるか、
奈井江に残るかを迷って、もう1年奈井江で頑張ることを決意。
試合で全力を尽くさないチームメイトにもの足りなさを感じつつも、
それをムスコが勝利に導くべきだと思いました。

そして3年生。
4年生の大会ではもはや主力。
負けて悔し涙を流すことも多くなり、
自分が点数を決めて活躍しても、
チームが負けたときには泣いてました。
点数じゃなく、みんなで頑張って勝ちたい。
そう言ってました。

今年の夏には、FCバルセロナの短期キャンプがあり、
4日間、長沼まで通って、バルササッカーの一端を学びました。
このキャンプで初めて、他のチームの上手な子達と
サッカーをしました。
この経験がとっても良かったようです。
通常の練習でも、意識が変わったように感じました。

そして主要な大会が全て終わった9月末。
昨年同様にコンサドーレ札幌U12のセレクションを
受けるかどうか、再考の時です。

条件は、自分で通えること。
車の送迎ではなく、JRに乗って通えること。
そして、勉強を疎かにしないこと。
そして、奈井江の同級生は本当にいい仲間だが、
その子達とサッカーができなくなることを決断できるかどうか。

意外にも、ムスコの腹は決まってました。
もっとサッカーが上手くなりたい。
それには上手な子達と高いレベルでサッカーがしたい。

こちらのサッカースクールが、4歳から通う、
岩見沢スターキッズサッカースクール
奈井江の3年生とともに、競い合いました。
一生懸命頑張る3年生のお陰で成長できました。
コンサドーレのセレクションに受ける前にも、
みんなとスクールで練習。
小さい2人のコンビ、運動神経のKくん、
左足の決定力のSくんなどなど、
個性的で平和で仲良しの奈井江3年生。

セレクションは、11/4に一次試験、
11/16・17に二次試験が行われました。
ボールタッチ、身体能力、1対1、
リフティング、左足、協調性、ゲーム・・・。
60名くらいの中から一次で24人くらいになり、
何人採るかもわからないままの二次試験。
何が評価されたかわわかりませんが、結果は、見事に合格。
2020年4月から、コンサドーレ札幌U12の選手になります。

遠くまでわざわざサッカーだけやりに行くの?
コンサに行かなくてもサッカーできるじゃん?
今から挫折させてもいいの?
小さい頃は自由にサッカーさせた方が伸びるんじゃないの?
などなど疑問はあると思いますが、
決めた理由も諸々あります。
ムスコには、何があってもこの道が良かったと思ってます。

12/1-10には、前述のバルサキャンプで選ばれたので、
スペインに行かせました。
向こうでバルサのサッカーを、現地の子供と試合をして、
そしてスペインやカンプ・ノウの空気を吸って、
親元を離れて一人で旅することで、
人間として成長してくれたと思います。

帰国後にすぐあった北空知ブロックの3年生大会では、
なんと優勝!
みんないい笑顔!

なんだかムスコ自慢になりました。
自慢というより、本当に成長が早く、あっという間だったことを、
書いてみたのです。
僕のサッカーへの関わり方もあっという間に変わりました。

春までは一緒に体育館で汗を流し、細かくアドバイス。
夏頃からは畑仕事が忙しくなったので、
送迎や応援のみになっている間に、手に負えなくなってました。
というのも、僕はサッカーをきちんと習っておらず、
小学生でサッカーをやめてます。
だから、今でもサッカーは好きですが、
選手として厳しいフィールドで感じていることが、
理解できないのです。

外から見て起こっていることと、
現場であるフィールドで選手が感じることには、
少し次元の違うことがあると思ってます。
すでに、ムスコがフィールドで感じていることと
外からみている僕の感覚には、ズレが生じていたのです。
さらに、テクニックや体力でも、けっこう拮抗してます。
嬉しいことなのですが、歯がゆくもあります。

まだ何も達成してませんし、サッカー選手としては
スタートラインにも立ってないと思います。
それでも、確実に成長を遂げて、変化しています。
それをそばで見るということは、最高の贅沢だと思ってます。
そして、どんな趣味よりも大事な時間だと思ってます。

長々と書きすぎました。
書類整理中の息抜きでした。
みなさま、良いお年をお迎えください。

2019年12月18日水曜日

降雪前のあれこれ

北海道の多くの地域は、降雪・積雪によって
露地の農作業が終了します。
その前にできることを全力でやって、冬眠。

ただ、「その前」がいつかは、毎年違うし、
天気予報・長期予報とにらめっこしながら、
その前を見極めて作業します。

アスパラで言うと、降雪によって倒伏するまで、
できるだけ刈り取りを遅らせたいのです。
ハウス被覆もギリギリまで剥がしたくないのです。
とはいっても、だいたい作業できて11/15くらい、
という当たりはつけています。
ムスコのサッカー場も、冬はなくなります。
今年はコンサドーレのセレクションを受けるので、
雨でもボールを蹴れるようにしました。
結果は、運よく合格できまして、来年4月から、
コンサドーレ札幌U-12に入ります。

ハウス被覆、残る4棟を11/5に巻上げ、
11/7に刈り取りました。
11/8-9に大雪予報がありましたので、
本当にギリギリまで耐えましたが、
ハウス内のアスパラはまだまだ青々してました。
刈り取るのがもったいないのですが、
降雪で倒伏しては同じこと。
思い切って刈り取りました。

その後雪がとけて作業できそうなので、
解体するハウスの内部で作業。
時間がかかって人手が必要な作業も、
こつこつとこなして、できるところまで進めます。

11/13で全ての作業を終了し、11/15には慰労会。
今年もパートさんにはお世話になりっぱなし。
でも楽しく仕事してくれて、盛り上がって飲んでもらいました(笑)

アスパラの状態も悪くないので、
来年は今年のような苦しい年にはならなそうですが、
どんな春の天候になるかはわかりません。

あんな不作、と忘れられない2011年から8年経って、
それ以上の不作だった今年2019年。
5年に1度はくると思っている災害による不作は、
やはりまたすぐにやってくるのだと覚悟して、
日々改善につとめます。

2019年11月14日木曜日

これでいいのか、生鮮品

農作業オフシーズンがやってきた。
積雪による強制的なオフだけど。

野菜など生鮮品の価値だけがあがらない社会に腹立つ。
値上げの話はすぐにニュースになるけど、
農作物が極端な気候変動で収量減になった時、
値上げにならないと毎年作り続けることはできないです。

これも、これまで勝ち組とされていた篤農家や
優良経営農家が苦しみ始めているから。
もちろん、そのまま優良経営の農家もあるけど、
少なくとも知ってる何軒かの農家が、
気候変動と野菜の価値への理解のなさなどに苦しんでいる。

今年の量販店は特に、低価格安定を目論んでいたのか、
野菜が多いときにも値下げせず、供給減の時だけ値上げ。
消費者は買いやすいのかもしれないが、これでは生産者は報われない。
なぜなら、野菜の価格は基準がそもそも低いからだ。

前回の消費税増税のときも、世間が好景気で沸いているときも、
野菜は安いことを求められた。

生鮮品以外は、とくに贅沢品やサービスはけっこう値上げ容認するのに、
体と心をつくる大事なものだけ安いことだけが正義みたいな。
安さだけが消費者の味方じゃないだろうに。

機械でもさ、安いもの買ったおかげで、
メンテナンス費用や買い替え頻度が多くなったり、
パート賃をけちって自分が身を削った結果、
過労で倒れるみたいな。

だから高けりゃそれでいいのかというと、そうでもない。
カードも結局金を使えば使うほどお得感が益すとか、
なんか不平等。
だって、使いたくても使えない人はたくさんいる。

どっちか極端な方、ではなく、
良心というか良識というか、
みんなが上手くいくちょうどいいところって、
社会的に決まってるんだろうけど、
そこが不満、て話。
何を食べるか、とても大事だと思います。
同時に、どうやって作っているか、もとても大事。
どうやって作るか、どうやって運ぶか、については、
いくらで売れるか、がとても重要な要素です。

農業にだけ、金儲けを許さない的な空気も感じますが、
経営できないと潰れるんですよ、農家だって。
農協も負債過多の農家はそうそう助けない。
でも、生鮮品に関わるどの業界も苦しいですね。
取り扱いをやめる小売店も出てきています。

生き残るために必死。
みんなそうです。
でも「自分だけ」の意識が強すぎるのかもしれません。
自戒の意味も込めて。
他人あっての自分です。