2022年9月17日土曜日

秋になって、ようやく

今植える?と思われるかもしれません。
ここは土壌還元消毒の試験を行なっていたハウスです。
紫紋羽病という、土壌菌による不治の病におかされたハウスです。
ここ以外にも紫紋羽病のハウスはありますが、10aあたりの収量が
1tを切ったので、栽培をやめて土壌還元消毒による改植試験を行うことにしました。
理由は2つ。
1つは、このハウスの他にも収量が減少していて栽培終了するハウスが今後出てくること。
もう1つは、40年以上前にこの病気の研究は「治らない」ということで打ち切られており、
紫紋羽病にはクロピクという薬剤処理しか効果がないと言われているのですが、
その毒性の強さから使用を控えたく、試験実例がない土壌還元消毒を試す価値があるかと
考えたことです。

消毒には、米糠が1t/10aくらい必要なので、米糠とNK52という微生物資材と
ともに散布して、30〜40cmくらい耕起します。
7月3日に20万リットル/10aの潅水を行なって、土の表面を全て農ポリで覆って、
ハウスを閉め切り、50日放置しました。
温度が必要なので、北海道では6月下旬から8月が適期です。
その後土を乾かして、耕起して、9/2に定植です。

成功したかどうかは、3年後、根がしっかり張った頃にわかります。


ズッキーニ、今年も遅くまでがんばってます。
軟腐病とうどんこ病にかかっているものの、
忙しい収穫作業です。


ハウスアスパラは、もうほぼ終了です。
萌芽がない上に、実も赤くなっていまして、養分転流が始まっていることでしょう。

今年植えた露地アスパラは、他の圃場と同様に、
かなり多くが斑点病にかかってしまいました。
幸いにも欠株にはならなそうですが、
来年の生育が心配です。

秋分の日の前ですが、すでに稲刈りは終盤ですし、
うちの小豆も8割くらいは収穫が終わっております。
春に2週間早く色々なことが始まって早すぎると思っていましたが、
その分早く秋がやってきたんだと思ってます。
この分だと片付けも初雪も早いかもしれませんね。

片付けの段取り、11月下旬の出張の準備、越冬準備などなど、
収穫作業に追われなくなったと思ったら、寒さや雪に追われます。
それでも、周りの農家が稲刈りで忙しい今こそ、暇をアピールしたいと思う、
天邪鬼な私です。

2022年8月31日水曜日

愚痴もあります

今年はとても忙しかったこともあって、

いつもとは違う問題が随所に発生しました。

でも、それは身内のゴタゴタなので、ここでは書きにくいです。


人は変わらないし、色々な人がいますよね。

誰かを妬んだり、誰かに八つ当たりしたり、

そういう詰まらない言動がマイナスの気流を生みます。


昔、ペイフォワードという映画は、負の連鎖を断ち切るために、

良いことがあったら3つ人にお返しする、みたいな話だった気がします。

3つは難しいですが、少なくとも、自分に起こった良くないことを、

自分で止めることで、世の中って少しづつ良くなると信じてます。

それって、もしかしたらストレスがかかるかもしれません。

でも自分が受けた嫌な思いを、なぜ他の人にぶつけることができるのでしょうか。

そっちの方が不思議です。

やられたらやり返す、では戦争が終わりません。

やられたらやり返しやすい人に八つ当たりする、では、

寂しい社会にしかならないと思います。


なんてことを、子供に話すと、

ああ、それな、みたいな感じで流されますけどね。

2022年8月27日土曜日

今年の農作物




雨が多く、気温が高めの夏です。


露地アスパラは、病気が多いです。


昨年と一昨年は、やはり、雨が少なかったので、病気が少なかったのです。

今年は立茎開始時期からゲリラ豪雨が定期的に訪れており、

消石灰を散布したり培土してから1週間は収穫して傷を減らすといった

病気対策も例年通り行い、多少は奏効していると思うのですが、

以前から病気が多い畑では疫病が蔓延しております。

特にひどい畑400aは、罹病株を抜いて持ち出す作業も2回行いましたが、

発生は止まることはありません。


病気発生が少ない畑では疫病はほとんど見られないものの、

雨と高温で繁茂したアスパラに斑点病が目立ちます。

メーデルという品種は斑点病に強いと思っていたのですが、

この圃場ではメーデルのみが罹病しています。

やれやれ。


病気も多いですが、とれているアスパラの量も多いです。

今後の資材価格高騰を見据えて、春に急遽ハウスを建てることにしたのと、

予定外にアスパラがとれていることが重なって、

熱中症で倒れたり、遊びに行く暇がないほど、忙しくなってしまいました。

良いことなのですが、草や病気で畑が荒れているのは、

変動要因の見込みが甘いだけという反省もありますが、

気持ちが落ち着きません。


委託している直播水稲は、草だらけになっています。

除草剤のタイミングが難しいようで。

試験を兼ねているので、来年に活かせればOKですけどね。


小豆は、親父が上手によく管理していると思います。

でも成長が止まらない天気なので、手間もたくさんかかってますね。


ズッキーニとミニトマトは、

ここ3年の失敗を踏まえて、なかなかの出来栄えです。

品種試験も見事に結果が現れたり。


スタッフについては、今年もよく働いてもらってます。

本当に働き者の集まりです。

みんなにハグしたい気持ちになりますが、それはセクハラになってしまいます。


今日は何ヶ月ぶりかの、しとしと雨です。

大粒でドバーッと降る雨ばかりの今年。

しとしと雨ならば作物にも優しいので、ありがたいです。

天候以外の変動要因が多すぎるために、

農業がより難しくなる日々ですが、それは農業だけじゃないです。

変化に対応してこその自営業。

知恵と工夫で、楽しく仕事できたなら、最高です。

ブログの意義


文章を整理しつつ、頭の中を整理する。

ブログを書かなくなると、話す時、伝える時、言葉に力がないのが、

伝えている途中に自分で感じてしまって、

さらに言葉が弱くなる。

そんな経験をしています。


コロナ禍を言い訳にする訳ではないけれども、

他人と違う意見、特に政治や差別に絡む問題、

戦争などの争いごとなどについて、

意見を言いにくくなっている気がしています。


以前ならば、仲間内にでも、共有できる人たちとでも、

と思えたのですが、「会う」ということができなくなった環境では、

インターネット上だけのやり取りが怖くて、もう何も言わなくていいか、

と思ってますし、その方が楽だな、とも思っています。


でも、最近はそれがつまらないというか、

社会に何もしてないことが少しづつ物足りなくなってきています。

同世代がバリバリと社会貢献している中で、

自分の仕事だけでいいのかって、以前のように気持ちが湧き上がることが、

少しだけ出てきております。


少しづつ子離れが進んできていることもあるかな?

下の息子も6年生で、もう送迎や一緒に遊ぶことも減ってきます。

それと共に、その時間を他のことに使えるんじゃないかと、

久しぶりにそっちに頭が向かっています。


少しづつですが、この年になっても変化できそうで、

何が湧いてくるのか楽しみにしています。

2022年7月17日日曜日

更新しないので、何を書いていいのやら

5月から、更新を怠っており、もう季節が2つくらい進んでしまいました。

春の露地アスパラは、ここ数年では最も収穫量が多く、
元気なアスパラを毎日眺めることができました。

天候も、暑すぎず寒すぎずで、アスパラの負担も少なく、
お客様からも喜んでいただけたようです。
春の勢いは特別です。

収穫開始から2週間経ってもこの勢いで萌芽。
気持ちの良い朝でした。

最も収穫が充実した畑ですが、
スタッフの収穫スピードもとても速く、
あっという間に6haの畑を収穫してしまいます。
安心できる後ろ姿です。


忙しい収穫の中、露地55aに約10,000株、
ハウスに2,000株を定植しました。
定植後に雨をもらって成長も順調です。

ハウスは今年新設したのですが、
季節が10日ほど早くて作業が追いつかず、
定植するのも10日ほど遅れた上に、
植えたあとの潅水も2週間後になるという、
露地とは違って綱渡りの定植となりました。
おかげさまで、無事に成長しております。
ここまでが5月のハイライトです。


6月は収穫しつつ、スギナなどの草取り、
ズッキーニやミニトマトなどの管理、
来年のために収穫を打ち切る準備などに時間を使います。

そして、7月。
ハウス内のアスパラは、もう光合成をして夏アスパラが萌芽しております。
なんと言っても、今年は夜温が高いのです。

例年ですと7/20くらいまでは夜温が15度を超えず、
早く温かくなれと嘆くのですが、
今年は6月末頃からずーっと20度前後の夜温が続いております。
そのために、アスパラの生育も順調で、すでに夏。

露地の収穫打ち切りが早かった畑も、あっという間に草勢が旺盛に。
2年目の畑では順調に夏アスパラの萌芽も。
順調に思えた夏アスパラですが、
そうなんでも順調にはいかないです。
乾燥と高温で、病気の多発と、害虫の大量発生で、
7月中旬はヤキモキする毎日を送っております。
ゲリラ豪雨がもたらす露地の被害は、想像を絶するほどです。
それでも、できることをコツコツと、アスパラ中心に作業を進めます。


番外編。
サッカー少年のムスコ6年生、トレセン札幌選抜選手として選ばれて、
全道大会に出場しました。
コンサドーレのジュニアチームにいますが、
5年生まではレギュラー組にはほとんど選ばれなかったのです。
ところが6年生になって、レギュラーチームに選ばれたり、
無縁だと思っていたトレセンにも選ばれるなど、
急成長を見せており、観戦が楽しい日々が続きます。
サッカーの個人戦術やテクニックなど、
もはや私がアドバイスできることはなく、
チームのために、とか、切り替えを早く、とか、
基本的なことをアドバイスするくらいです。
でも、サッカーは遊びです。
親としては、勉強が第一、
一生懸命やるならサッカーもやってもいいよ、という感じ。
スペインリーグを見せたり、アオアシを読んだり、
サッカーを共有・共感することはありますが、
小学生のうちに道を一本にすることはしないようにしてます。
好きなことと仕事は、一致しなくても良い。
趣味に生きがいがあれば、人生はそこそこ楽しいかも。
なんて、将来のことを色々考えてますが、本人がどう思ってるかは、
本人もまだわかっていないと思います。
これからでしょうね、人生とサッカーの関係を作っていくのは。
今は「好き」を先行させていいかな、と思ってますので、
こちらも楽しく応援してます。
ガンバレ、テツ!

2022年5月1日日曜日

アスパラ便り

なるものを、今年から書いております。

小売店さんに向けて書いてまして、アスパラの毎日の情報を、

感想や偏見を交えて書いております。

内容は、ブログに過去に書いたものを重なるものもあれば、

お客さんが喜ぶことや、お店がセールストークに使いやすいものなど、

やってみると結構面白い内容です。

こんなこと、書いてます。


4/24




4/18はこんなことを



お店でアスパラが好評をいただいていることは、

直接買っていただくこととは違う喜びがあります。

それなりの金額になるので、

まずは売り場のスタッフさんに気に入っていただき、

それがお客さんにも伝えられる、という、

実感が二重に必要になるために伝わり難いという高い壁を

クリアしている、と思っているからです。

もっと違った形で発信できると面白いのかもしれませんが、

興味ない人には何も面白くないので、お便りの形に留めております。