2022年12月7日水曜日

出張〜東京編

11/16~26、毎年恒例のお得意様挨拶回りに行ってきました。

昨年、10日間の日程が辛いから、
来年からは東京近郊と大阪近郊の2カ所を、
1年おきに訪問することにしよう、と決めたのですが、
それを思い出したのが、行きの飛行機の中という、
お粗末な話。

農繁期には本当に畑以外のことに頭が頭が働かなくなっています。
でも、昨年は農家に会うことをメインに回ったことは覚えていて、
今年はアスパラを売ってくれている現場、街の雰囲気を中心に
回るという事は、計画に入れれました。

そんな旅の中のことを、3部に分けて書きます。まずは東京。

写真は目黒の寄生虫館です。
観光はゼロでしたが、ふと面白そうで寄ってみました。


どういう寄生虫が過去に人に被害を及ぼして、
どうやって解決してきたか、を詳しく展示してくれています。
ミクロの世界ですが、こうして展示してくれることが、
そしてそれを維持しているということが、感動的でした。
唯一無二の存在なんです、この館は。
そのお陰で、大事なこと思い出せました。
私はアスパラだけを作りたいんじゃなくて、
うちやま農園にしかできないことを探していたんだ、と。
楽しいと思う仕事をすることはもちろんですが、
うちにしかできないことで家族や社会に貢献できたら、
それは最高に嬉しいだろうな、と思ってます。
この一点突破の施設のお陰で、気分晴れやかです。


こちらは「HAUS」さんです。
オーナーシェフの小林さんが畑に来てくれたので、
オープンのお祝いとお礼に伺いました。
お店に伺った時には、料理ももちろんですが、
お客さんの雰囲気にも気を配っています。
お客さんがお店を作ります。
うちも、お客さんに作ってもらってます。
それを具体的な感じじゃなくて、抽象的に感じることが、
私のアスパラの一部に還元されていると思ってます。


いつもの八百屋さん。
よくやってますよね、直送メインの八百屋を。


こちら、野菜ジャーナリストの篠原さん。
3年ぶりくらいに会いましたが、
野菜や畑の話よりも、育児の話でほぼ終わってしまったw
子育てって、贅沢な時間でもあり、次代を担うことでもあり、
とても充実しているように感じました。
畑には、ゆっくり復活して欲しいと思います。
これだけ情報発信が容易にできるようになりまして、
畑の現場感みたいなものが伝えやすくなりましたが、
認証や主義ではない、きちんとした野菜を作る人は、
それほど増えていない、という実感です。
真贋の見極めをしつつ、それを伝えられる野菜ジャーナリストは貴重です。


東京駅。15時。
人が少ないんですよ。
コロナ前にはサラリーマン風のおじさま達が
電話と鞄を持ってうじゃうじゃしてましたが、
あの人たちはどこへ行っちゃったの?と思います。


東京では、何人かの旧友と親交を深めることもできました。
昔の自分を知る人たちを通して、偏った自分や社会の見方など
の発見があり、大好きな時間です。

物価がものすごく上がっているんだな、ということも実感。
それなのに、生鮮品については全然上がっていない。
大事なものが何か気づいている人、世界に安心している人、
色々な価値観がありますので多くな書けませんが、
テレビや政治に惑わされるなかれです。

2022年11月15日火曜日

作業終了

畑の作業、降雪前の片付けが完了しました。

露地も天気の良い時には見栄えもします。
イボ竹を抜き、写真にある手前の鉄杭も抜き終わりました。
ハウスの上から綺麗な写真が撮れました。

ハウス内、今年の新植ハウスも雪前に倒伏。
なるべく長く倒伏しないように、
雪の天気予報ぎりぎりまで立てておきたかったのですが、
11/4にはこの有様。
結局本日11/15でも雪はなく、
もう少し立てておきたかった、残念。

2年目のハウスは、少しの失敗から斑点病が多発。
それでも、まずまずの出来です。

家の前に8棟のハウスを向かい合わせで作りたい、
という5年くらい前からの野望が、ようやく実現した本年。
眺めに達成感はあるものの、体は疲弊しました。
でも、アスパラも30t弱とれたので、充実感のある1年でした。


そして、トマトハウスは越冬準備で、こうなります。
防草用で人工芝。
ここまで片付けてから、挨拶回りの出張に行きます。
約10日間。
半年以上は現場である畑にべったりです。
でも、アスパラを買ってくれる、アスパラを売ってくれる、
アスパラを調理してくれる、そしてアスパラを食べてくれるのは、
7割くらいは東京や大阪なのです。
バイヤーさんや店員さん、その街の雰囲気などなど、
畑ではない現場に伺う大事な機会だと思ってます。
お会いする皆様、よろしくお願いします。


番外編。

数名が気にかけてくれている、ムスコのサッカー。
11/3にリーグ戦最終戦。
3-1、1-0で連勝、ムスコも1得点2アシストと大活躍。
全国大会出場も凄いですが、全勝優勝となりました。
引き分けもなく全勝は、随分過去にも見えたらないくらいすごい。
その一員としてサッカーできたことは、なんとも誇らしい。

相変わらず小さくて、でもオフザボールの動きは、
札幌でも3本の指に入るんじゃないかと思うくらい優秀。
今みたいに上手な子に囲まれなくても、
一人で打開したり、もっと味方を生かせるよう、
ジュニアユースではHKDというチームに入ります。
今は、6年生最後のサッカーを楽しんで!

2022年10月23日日曜日

収穫作業も最終盤

2022年シーズンも、雪が降って強制終了されるまで、
あと1ヶ月ほどとなりました。
先々の予定を考えると、今年のお得意様まわりは、
11/16から開始予定。
まもなく、片付け作業がスタートです。 


10月下旬に向けて、ラストスパートのミニトマト。
最後の駆け込みでどこまでとれるでしょうか。


9月に植えたアスパラも、それなりの高さに。
来春からの成長が楽しみです。

ズッキーニも、10/14まで収穫しました。
北海道の他の生産者が9月で終了するなか、
よく粘ってくれたと思います。
過去最高の収穫量となりましたが、
量も質も、まだまだ改善の余力がたっぷりあります。


最後に、ムスメ、14歳の誕生日。
お得意先の日本料理とらやさんにてお祝い。
中学生になって、個性に磨きがかかっております。
本人は嫌がりますが、僕に顔も性格も似てます。
昔は「カクあるべき」という教育でしたが、今は個性を大事に。
僕も個性を大事にされてたら、弾けた性格になってたのだろうか…。

2022年10月6日木曜日

北海道3t時代

北海道でのアスパラ栽培。

気温の低さ、降雪などの問題から、ハウスで2t/10a収穫できた優秀と

言われていたのが、10年前か、5年前か。


温暖化で積算温度が稼げるようになったことと、

品種改良でこれまでの基準だったウェルカムの1.5倍とれる

ガリバーやアティカスなどの品種の力のお陰で、

今や3t/10aを目指すのが常識だとか。


まあ、一時的な3tなら誰でも行きますので、

5〜10年続けて3tとるのかどうか、見ていきたいと思います。


うちでも、3t超えるハウスがありますが、平均すると2t〜2.5t。

意識改革と不断の勉強によって、もっと技術を伸ばしたいと思います。

もちろん、同時に味も整えて、がプロです。

2022年9月17日土曜日

秋になって、ようやく

今植える?と思われるかもしれません。
ここは土壌還元消毒の試験を行なっていたハウスです。
紫紋羽病という、土壌菌による不治の病におかされたハウスです。
ここ以外にも紫紋羽病のハウスはありますが、10aあたりの収量が
1tを切ったので、栽培をやめて土壌還元消毒による改植試験を行うことにしました。
理由は2つ。
1つは、このハウスの他にも収量が減少していて栽培終了するハウスが今後出てくること。
もう1つは、40年以上前にこの病気の研究は「治らない」ということで打ち切られており、
紫紋羽病にはクロピクという薬剤処理しか効果がないと言われているのですが、
その毒性の強さから使用を控えたく、試験実例がない土壌還元消毒を試す価値があるかと
考えたことです。

消毒には、米糠が1t/10aくらい必要なので、米糠とNK52という微生物資材と
ともに散布して、30〜40cmくらい耕起します。
7月3日に20万リットル/10aの潅水を行なって、土の表面を全て農ポリで覆って、
ハウスを閉め切り、50日放置しました。
温度が必要なので、北海道では6月下旬から8月が適期です。
その後土を乾かして、耕起して、9/2に定植です。

成功したかどうかは、3年後、根がしっかり張った頃にわかります。


ズッキーニ、今年も遅くまでがんばってます。
軟腐病とうどんこ病にかかっているものの、
忙しい収穫作業です。


ハウスアスパラは、もうほぼ終了です。
萌芽がない上に、実も赤くなっていまして、養分転流が始まっていることでしょう。

今年植えた露地アスパラは、他の圃場と同様に、
かなり多くが斑点病にかかってしまいました。
幸いにも欠株にはならなそうですが、
来年の生育が心配です。

秋分の日の前ですが、すでに稲刈りは終盤ですし、
うちの小豆も8割くらいは収穫が終わっております。
春に2週間早く色々なことが始まって早すぎると思っていましたが、
その分早く秋がやってきたんだと思ってます。
この分だと片付けも初雪も早いかもしれませんね。

片付けの段取り、11月下旬の出張の準備、越冬準備などなど、
収穫作業に追われなくなったと思ったら、寒さや雪に追われます。
それでも、周りの農家が稲刈りで忙しい今こそ、暇をアピールしたいと思う、
天邪鬼な私です。

2022年8月31日水曜日

愚痴もあります

今年はとても忙しかったこともあって、

いつもとは違う問題が随所に発生しました。

でも、それは身内のゴタゴタなので、ここでは書きにくいです。


人は変わらないし、色々な人がいますよね。

誰かを妬んだり、誰かに八つ当たりしたり、

そういう詰まらない言動がマイナスの気流を生みます。


昔、ペイフォワードという映画は、負の連鎖を断ち切るために、

良いことがあったら3つ人にお返しする、みたいな話だった気がします。

3つは難しいですが、少なくとも、自分に起こった良くないことを、

自分で止めることで、世の中って少しづつ良くなると信じてます。

それって、もしかしたらストレスがかかるかもしれません。

でも自分が受けた嫌な思いを、なぜ他の人にぶつけることができるのでしょうか。

そっちの方が不思議です。

やられたらやり返す、では戦争が終わりません。

やられたらやり返しやすい人に八つ当たりする、では、

寂しい社会にしかならないと思います。


なんてことを、子供に話すと、

ああ、それな、みたいな感じで流されますけどね。