2020年5月30日土曜日

毎年の感謝

間もなく露地アスパラのギフト発送が終わります。
今年もたくさんのご注文に感謝です。

今年は新たに、6回もアスパラをお届けするという
セットを作ってみましたが、なんと
けっこうな数のご注文があり、
アスパラ好きが多いことを痛感しました。

ギフトは秋まで続きますが、
露地アスパラがメインのうちやま農園は、
この時期のギフトが最も多く、
この時期の作業場は戦場のようです。
一段落するのは、寂しいですが、ほっとします。

昨年のマツコの知らない世界から
1年も待ってご注文いただいたり、
毎年お取り寄せいただいたり、
贈答品として利用していただいたり、
久しぶりに購入いただいたり、
過去最多のご注文をいただきました。

今年の北海道のアスパラは、全体的には豊作傾向で、
天候も局地的被害を除いてはおおむね良好で、
量品質のものがたくさん流通しています。
ここ2年の不作で栽培を止めてしまった
アスパラ農家がたくさんいますが、
踏ん張った農家の努力の結晶だと思います。
どうぞみなさん、今だけの、
北海道の美味しい露地アスパラを堪能してください!

2020年5月28日木曜日

これを機に、て、そもそも…

遠くに霞んで見えるのが、スタッフの方々。
7名います。
今年、定植する畑の長さは、350m。
2年前に植えた畑の隣に、同様に55a、
約1万株植えました。

定植は手作業。
機械で溝を掘ったあと、
30cm置きに苗を置いて、
あとは手で植えて土をかける。

植え終わった後は、こんな感じです。
雨前でこれから気温が上がるという最高のタイミングでした。

それにしても、種の品質は最悪だった。
良い時のウェルカムなら1dlで3,000粒くらい。
それは10年以上も前の話で、昨年は3,500粒、
今年は4,000粒も入っている可能性があるとか、
もう悪い種を選別きちんとしてほしい。
写真は、右が健全苗、左は奇形苗です。
萌芽本数、太さ、こじれ方で見分けます。
ウェルカムの苗は7,000株ありましたが、
分けたら1/3は廃棄でした。

気づかずに植える農家はたくさんいるし、
圃場で枯れても育て方悪いと言われておしまい。
アスパラは3年かかるから、その間に枯れたら最悪ですよ。
ゼロじゃなくてマイナス。
それなのに種の品質が悪いって、どうなってるんでしょうね。


雨、降る時は多すぎる。


さて、タイトルなんですが…。

外国人労働者が来れないから、農作物の収穫がピンチ、
みたいな話をよく聞きます。
確かにコロナ禍によって表面化した事象ではありますが、
コロナだけが原因なんでしょうか。

 常々申し上げておりますが、
農作物の価格が生産原価を全く無視した、
量販店が売りたい価格、に支配されている気がしています。
実際、消費税があがっても、物価が上がっても、
市場での価格は横ばいか下がる一方。

その安い取引価格に合わせるように、
経費を削るしかないと考えてしまうと、
園芸作物の経費で大部分をしめる労働力を、
海外の安い労働賃金でなんとかしよう、
という発想はわかります。

輸出も同様ですが、間に何人も入って、
中間マージンがたくさん発生するような仕組みに、
本当に頼っていいのかどうかを、もう一度考えるべきだと思います。
視野が狭くなっていないでしょうか。

結果論だろ、とか、これは仕方ない、とか、
色々あると思います。
でも、量販店が消費者を代弁しているなんて、
たぶん半分は嘘です。
おっと、書きすぎたの、少し削除しました(笑)

うちも頑張ります。
必死ですよ、経営を続けるのって。
そして、うちも人(仲間)に頼ってますし。
でも、家族やスタッフが笑顔で働いてくれて、
お客さんが喜んでアスパラを食べてくれる。
この単純な仕組みを追求していきます。

2020年5月23日土曜日

ピークはいつだ?

雹の次は、霜に脅かされました。
朝作業を始めると、何だか空気が冷えすぎている。
車のガラスも水たまりも凍ってませんでしたが、
ハウスの表面がガリガリに!



幸い、アスパラにはほぼ被害がありませんでしたが、
冷えすぎたので少し筋が固くなってしまったかもしません。


しかし、ピークらしいピークがきません。
露地アスパラの収穫開始から10日以上たちますが、
20度を超えた日は1日のみ。
ドカッととれる日がなくて、拍子抜けしてます。


なかなか休校が明けない北海道。
いとこが体を動かしに農家のうちに遊びに来る。
水たまりにゲンゴロウがたくさnいて、大興奮(笑)


露地収穫が忙しくないので、ハウスの管理作業が進みます。
上記を更新し、下記に。


ハウスの培土作業もあっという間におわります。


今日から、露地アスパラの定植作業です。
今年は60aに、スパーウェルカムとウェルカムを植えます。
毎年少しづつ、いい畑を増やしていけたらいいなあ。

前回の露地の定植は2年前。
その時は55a。
昨年はハウス1棟のみ。
今年は露地のみ。
来年か再来年は、ハウスを増やして定植します。

2020年5月18日月曜日

雹(ひょう)かい!

5/8、露地のアスパラが待ちきれない息子と、
畑周り。
写真用とはいえ、振る舞いがわかってきたようで(笑)

5/11、いよいよ収穫開始!
ハウスとは違い、露地は自然環境任せ。
生育もゆっくりですし、水や養分も、
十分に与えられなかったり、過剰だったりと、
とにかく過酷な環境を生き抜きます。
その味は、積み重ねた忍耐の成果といいますか、
とにかく野性味にあふれています。


ところが、5/13の14時ころ、
雨予報があたって雨が来そうだなと構えていたところ、
降ってきたのは、なんと、雹。
アスパラにはキズや凹み付き、私の心もどん底まで凹みます。
霜の被害がなくて良かったなーと思っていた最中、
まさかこの時期に雹とは。
就農して13年で初めての体験ですし、
両親も本当に久しぶりとのこと。


幸いにも、降雹は局地的なので、
3枚ある畑のうち、1枚はほぼ全滅ですが、
残りの2枚は2割くらいの被害で済みました。

14日には、今年初めての1日2回目の収穫を行いました。
気温が25度くらいになると2回どりが必要ですが、
22度でやや蒸していたため、よく伸びました。
しかし、収穫期に入っても20度超えたのはこの1日のみ。
まだまだ寒い日が続きます。


ローラースケートに挑戦する、暇を持て余す子供たち。
ムスメのはもらいもの、
ムスコのは、私が34年前に祖父からもらったもの。
ずーっと取っておいて良かった!
バランス感覚は…、
私に似てあまりないかな(笑)

2020年5月6日水曜日

あの焦りは…

4月上旬には「5月連休にはピークに入る」と
思っていた露地アスパラが、
本日現在、まだ出始めてくらです。

アスパラ収穫が忙しくなる前にやり終えたい、
2棟のハウスの解体と、1棟建築。
スタッフの力を借りて、まもなく完成です。

ハウス管理が忙しくなるこの時期。
収穫が一段落し、夏アスパラ、そして来年の
春アスパラへの準備が始まります。
堆肥や土壌改良剤、肥料を散布して、
緑の小型機で耕起し、同じく赤い小型機で培土。

これ、あるハウスの施肥です。
かなり多いですが、かなり収穫しましたから。
これは技術でも何でもないので、
公開してもなんでもないのです(笑)

子供たちは体を持て余して、従兄弟たちと家で大騒ぎ。


ホワイトアスパラがピークです。
いい出来です。


露地アスパラが待ちきれないのは、私だけではありません。
ムスコとサッカーしながら、圃場周り。

こちらは2年目のメーデルです。
良い生育してます。
欠株がなく、そろいもよく、味も良いです。

もう連休終盤なのに、ハウスの温度管理を失敗して、
アスパラの頭部を焼いてしまいました。
本当に情けないし、油断です。
今後気を引き締めよということだととらえ、
体調を整えて超繁忙期に臨みます!

美味しい露地アスパラ、楽しみだ!!

2020年4月12日日曜日

いつもの、そしていつもじゃない

3月はお別れの季節。
例年であれば。
今年はcovid-19感染予防のため、
イベントは皆無。
ムスコが仲良くしてもらった奈井江サッカースポーツ少年団。
4月からコンサドーレのユースチームに移籍するので、
最後のミニゲームを有志がしてくれました。
頑張った3年生たちと、一枚。
新チームで活躍することが恩返しだよね。


こちら、3/31のムスメと妻。
アスパラが待ちきれず、ちょこちょこハウスを見に行く。
明後日には食べれるねー、なんて言ってましたが、
4/2から収穫開始で、気温もどんどんあがって、
例年より半月早い繁忙になってます。

ホワイトの遮光シート被覆も、4/4に完了。
昨年は4/13。
収穫開始は4/16予定。

3/20でまだ少し雪が残っていましたが、
今では土も乾き、アスパラの残渣の焼却も完了しました。


ハウスのいい時は、こんな様子です。
アスパラ祭りのように、大量に。
数年前に、1日で200kg/10aとれる人の話を聞いて、
そんな大変な収穫になるのは嫌だなあと漠然と思ってましたが、
大変です。重いし、進まない。
でも、毎日は続かないのです。
3~5日くらいです。

アスパラに合わせて動くことが体に染みついているうちやま農園。
だから、この繁忙がだいたいいつまでか、いつ息抜きしたら倒れないか、
いつが踏ん張り時か、など、失敗をもとに少しはわかっているつもり。

でも、covid-19だけは、わからない。
3つの密を避けるように、
それを自分たちが作らないように、
農園でもかつてない対応です。

収穫体験の中止、原則として直売も禁止。

美味しいアスパラを最後までお届けできるように、
できることはすべて行います。
ご理解いただけると幸いです。

2020年4月10日金曜日

残念なお知らせ

かれこれ20年は続いてきた、
うちやま農園の収穫体験。
今年は、中止させていただきます。

10年連続で来てくる方や、
子供が初めて生で野菜を食べ、
畑を走り回る姿に感動する親御さん、
新鮮な味に感動する高齢の方、
品種を食べ比べてアスパラの奥深さを知る方などなど。

畑でした味わえないアスパラ、
畑でしか見れない笑顔、
畑だからできる交流、
本当に充実した経験を実感してました。

新型コロナウィルス感染症の影響は計り知れず、
先行きが不透明すぎて落ち込むときもありますが、
アスパラが動くので、笑顔で仕事します。


(5年前、4歳のムスコ)

2020年3月15日日曜日

春、否応なく来ます

前回の心配が何となく現実のものとなってます。

そんな中でも、季節に合わせてアスパラは動き、
我々はアスパラに合わせて動きます。

4月から発送が始まるアスパラの、予約受付用のお手紙。
3/16月曜に発送する予定です。
リピーターの方に支えられていることを実感するとともに、
お客さんの期待を上回るアスパラを今年もつくります!
と気合も入ります。


サッカーもチーム練習が自粛中なので、家で自主練。
ムスコのリフティングの姿勢が好き。
でも、股関節が硬くて、もう少しでアウトサイドも
器用にできそうなんだけど、
自分ができないのに要求はしてます(笑)


ハウスの中も、2/25に被覆したところは、
3/10でこんな感じ。
本日3/15には雪がなくなってましたので、
明日から残渣を片付けて、保温します。
この分だと、4/1~5くらいには初収穫かな。


3/14、仲良くさせてもらってる堀田家族が遊びに来てくれました!
士幌町の、あの有名な、です(笑)
かわいい赤ちゃんに会いに行こうと思っていたのに、
来てもらっちゃいました。
農業の話も、うちよりも規模も大きいし売り上げも格段上、
雇用や販売についてもすごく先を言っているのに、
年下の堀田くんはいつも謙虚。
自分の経営をさらあって、自分の経営を客観視する。
とても大事なことを見つめさえてもらい、
こちらが勉強させてもらいました。


ムスコの一足早いゴールができました。
こんな小さいところでは、もう物足りないんでしょうけど、
もう少し付き合ってよ!


3/3からこっそりと、スタッフを募集してました。
いい人が来すぎて困ってます。
人にだけは恵まれていて、とても嬉しいスタートです。

2020年2月22日土曜日

心配なこと

さあ農作業スタート!
と意気込んでいたものの、心配なことが2つ。

新型コロナウィルスです。
消費行動が抑えられてしまうのではないか、と。
うちのお得意先は百貨店。
人が集まる駅の近くにあるので、買ってくれるお客様が
減ってしまうのではないか、と。
全体としては必要な食品なので需要があると思うのですが、
個人的な今後の予想では、ちょっと心配なのです。
消費で言うと、本州も九州も、暖冬の影響でアスパラの出が
鈍いのではないか、と。
出が鈍いと、こちらのピークと重なって…、とか。
書いてるとどんどん心配なことが出てくるので、
もうやめときます。

そしてもう1つは、ムスコがインフルエンザB型に感染。
39度超えの熱が出ており、今後家族内に感染すると思うと…。

なんて考えても仕方がない。
アスパラづくりと同じで、病気は予防から、
かかったら治すことに全力を注ぐ。
ダメならダメで諦める。
できることをやるのみです。
先を見越してできることは前倒しで。
常に1週間後の予定をこなしていく感じで仕事を追いかける。
これがいい仕事のコツ、と思ってます。

2020年2月20日木曜日

まもなくスタート

まもなくアスパラの仕事が始まります。

同時に、ムスコのサッカーでの新たな挑戦も始まります。


名残惜しい、冬の最後の読書。
経営に必要な頭の整理を、ムスコのサッカーに必要なことはないか。
それぞれ良書でした。
人とのつながり、信用、個性の尊重など、
共通することも多々ある内容で、充実した時間でした。


畑はまだこんな感じ。
「まだ」、ではないのです。
これは、例年では2月10日ではなく、3月10日の景色です。
積雪量が1mくらい少ないのです。
桜の開花予報もGW前に出ているので、アスパラの露地物も、
GW中にピークに入る可能性があるという、恐ろしい予報。

ならばハウス被覆を急いで…と思ったら、
荒天の日が続くという悩ましい状況。
ハウスアスパラが遅くなると、露地アスパラと発送時期が重なり、
もうアスパラ市場はぐちゃぐちゃになります。
さらに、露地が早いと霜にあたって生えているアスパラが全滅とか…。

最悪を想定して、できることを事前に進めるしかないので、
進めます。とにかく例年よりも早く。


札幌のレストランで、フードライターの小西さんと食事。
いつも価値観を修正して、アップデートしてもらえます。
マガーリに初めて行きましたが、前菜が特に美味しかったです。


ムスコ、コンサドーレU-12の練習参加を始めました。
札幌の子供たちは、送迎ではなく自分で練習場所へ通ってます。
田舎では信じられませんが、これが普通なんだな、と。
通う練習を兼ねて一緒に行ってますが、
チームメイトと会ったところでお役御免。
まだ数回しか行ってませんが、少しづつ自信がついてきてるようです。


いよいよ2020シーズンがスタートします。
今年もたくさんの美味しいアスパラを送りたい!
そして私もたくさんのアスパラを食べたい!
変化や成長を楽しめる年になるよう、1年頑張ります!

2020年2月3日月曜日

人とのつながり

うちやま農園は、人とかかわり続ける経営を目指しています。
人の役に立ち、人と喜びを分かち合いたい。
お取引では人と成りを第一にしております。
それは、スタッフにおいても同様です。

農作業を通じて、お互いの助けになれれば。
そんな募集を開始してもう6年になります。
当時は革新的だと思ったことも、仲間内ではいまは普通です。
農家の都合ではなく、スタッフの都合で働いてもらう。
善意の輪で仕事が回ると信じてます。

うちやま農園のスタッフは、全員、個性的で、働き者です!
そして全員アスパラが大好き!

うちはスタッフのために仕事や休みを用意し、
スタッフには気持ちよく働いてもらう。
シンプルにそれだけです。

引き続き、正社員やスタッフを募集しています。
正社員についてはこちらを、
スタッフについてはこちらをご覧ください。
今後10-20年、お付き合いできる方を募集しています。

2020年1月27日月曜日

子供のため?

子供のため、というと、何でも正義になってしまう、
そんな変な価値観が通用する世界がありますよね。

でも、何をもって子供のためなのか、
何が子供のためなのか、を考えることを
怠ってはいけないと思うのです。

楽園のような幼児のころ、
天真爛漫な小学校のころ、
大人になり始める中学校のころ、
正しい理屈だけを与えることが子供のためとは思えません。
なぜなら、世の中は理不尽なことであふれているから。

その中でも、自分は自分の考え持って、
人のことも考えることができて、
社会の役に立てるような生き方をしてほしい。
それは僕の私見で、どう思おうが個人の勝手でいいと思います。

なぜこんな話かというと・・・。
(あくまでも個人の感想ですけどね。)
あんまりいい話じゃないんだけど、少年サッカーのコーチたち。
子供のこと、怒鳴りすぎだし、口撃しすぎだし、ダメだししすぎ。
昨日観に行った試合でも、励ましたり考えさせたりする声は稀で、
指示して、意に反したら批判して、命令しまくり。

勝つことが子供のためなの?
厳しくすることが子供のためなの?
そういうチーム作りや練習をしてきたんですかね?

もちろん、甘やかしすぎてはいけません。
いい事と悪い事は、大人が教えてあげましょう。

勝利を掲げることで自分の立場を保とうとしてませんか?
勝利を目指す姿勢は大事ですが、結果についてダメだししてませんか?
だいたい、勝ちたくない子供がいると思いますか?
なぜやらないか、子供の立場で考えたことありますか?
大人の考えを当てはめて決め付けていませんか?
などなど、ベンチに向かって客席から野次りたいことだらけ笑

ムスコの所属するチームは少年団なので、
クラブチームほど勝利を優先しません。
(クラブチームは勝利による会員数確保が結構大事なことが多い。)
だから、勝利よりも大事なことがあると言います。
その通りだと思います。
勝利よりも大事なことは勝利を目指した先にあります。

勝利だけが目的になると、その先は見えません。
サッカーを人間形成の手段と考えるべきだと思いますが、
実際はそういうチームは稀ですね。
悲しいことです。

そして、子供たちも大人の口調を真似します。
できない子供をけなし、悪いプレーにケチをつけ、
自分が認められないと拗ねる。
映し鏡です。
子供がどういうサッカーの環境を求めていて、
それにその子供が合っているのか。
将来に直結することだと思うので、学校の環境よりも必死に見てます。

学校教育の内容が薄くなり、
習い事の役割が大きくなってきたと感じてます。
われわれが育った頃よりも、とても大きく。
教育の正解を探すよりも、子供と一緒に考えてくれるとありがたいです。

2020年1月20日月曜日

ここ最近の冬

経営移譲を受けて、4回目の冬です。

就農した12年前は、農家の息子と言っても、
ただの従業員です。

働いても働かなくても、成果を上げても不作でも、
毎月決まった額を親から受け取るだけ。
暮らしが苦しくてもその額で何とかしろと言われるだけ。
必要なお金がなくても、節約しろと言われるだけ。

そりゃあ農家が減るわけです。
まあ、そこは別の機会で書きます笑


冬の生活については、初めの8年間と
経営者となったここ4年とは、がらっと変わってます。

当初の8年は、冬は勉強と交流に時間を使ってました。
勉強は、土のこと、アスパラのこと、栄養のこと、
営業や消費のことなどなど。
友人と合う時間は、離れた農家友だち、
前職の職場仲間、学生時代の友人などなど。
充実した冬。
趣味の読書もたくさんしました。


ところが4年前から、使う時間が変わってます。
経営側になったので、簿記作業はもちろん加わります。
8年間みっちり勉強したお陰で、
実践から身につけることが増えたので、
本から勉強する時間は減りました。
友人に合う時間も、オンシーズンに少しずつ作れるようになり、
冬季集中ではなくなりました。

増えた時間は、経営計画です。
どうやって1年の経営をやりくりするか、考えるのは楽しいものです。
アスパラは昨年の状態から、今年の春の収穫量はほぼ決まっています。
不足の調整を夏のアスパラでできるのか、
他の作物にどこまで時間を使うか。
スタッフの労働環境をどうやってつくるか。
快適な職場、迅速な作業のためにできることは何か。
資金繰りはどうするのか。
販売先は充分か。
仕事を俯瞰する時間は作れているか。
などなど。


変わらず使っているのは、子供との時間です。
これについては、年々増えている気がします。
でもムスコが小学校卒業する4年後からは、一気に減ると思われ・・・、
想像しただけでも結構寂しいです。


そうこうしているうちに、冬の半分が経過してしまいました。
スタッフとの面談や販売先との打合せも終盤に入り、
でも遊び足りないことも、社会的な役割もまだ残っているし、
でももう少しぐだぐだ過ごしたいし・・・、
なんて思いながら、雪解けと春のアスパラを待ち焦がれています。

2020年1月16日木曜日

2020年スタート

本年もよろしくお願いいたします。
昨年より多くブログを更新する予定でいます。

最近は言いたいことを言わないようにしてます。

なぜかと言うと、
反感を買いたくないから。
または、
偏見をもたれると面倒だから。

SNSで簡単に意見表明できますが、
そこには深みがないので、個性を尊重してくれないと、
読んでもらう側も苦しくなってきますよね。

意見や脳内整理には、その背景や理由があるから面白い、
と勝手に考えています。


雪不足と言われていますが、本当に少ないです。
美唄スキー場が1/4にオープンするくらい、少ないです。
1/10、いとこ達とようやく初スキーへ。

スキーにいけない日々には、
じいさんを引っ張り出して、
トラクターでソリを引かせるという遊びが大流行。

こんなに少ない新年でした。
積雪40cm。

アスパラの残渣がまだ見えてます。

それでも、雪で覆われると、満月にはこんなに明るく、
雪の夜は気持ちを高ぶらせる何かがありますね。


1/14まで子供たちの冬休み。
農作業のオンシーズンにはあまり子供に
時間を使えないので、
冬休みはたっぷりとお付き合い。
でも、どっぷりと疲れます。笑

そして、冬休み終了と同時に、今期の仕事スタート。
スタッフ、作付け、ギフト、資金繰り、ハウス設置・解体などなど。
今期は基盤整備事業が入る予定で、土地の4/10くらいが使えません。
すでに来年・再来年を見据えた計画が大事です。
でも、今年も元気で笑顔で仕事することが第一だと思ってます。