2019年1月16日水曜日

第3回アスパラガスシンポジウム

新幹線で、東京から栃木県小山市へ。
第3回の全国アスパラシンポジウムが開催されました。
1回目は栃木で、2回目は6年前に佐賀で開催されました。

200名ほどが参加。
私の本音トークにはやはり批判も多く、主催者は喜んでくれたものの、
参加者がなかなか話しかけてくれないという(笑)
種苗会社を叱りつけたり、極端な農法を批判したりと、
久しぶりの壇上でもやってしまいました・・・。

アスパラの研究者、関係者、そして農家がたくさん集まりました。
オツネントンボの食害という、本当に珍しい事例も!

信じられません。


勢いのある産地の那須塩原では、もう1,000トンに届きそう。
市場を牛耳っている訳がわかりました。
生産者も私と同年代が多く、活気にあふれています。
新規参入から3反(ハウス10棟)です。
売上5,000万円を超える農家もでます。
こうなると、現状では敵ナシの産地になると思います。
1軒で50トンの収量は、半端じゃないですよ。

もう、元気のいい生産者にあったことが何よりの収穫でした。
嘆くよりも、やることです。
苦境に陥ったときが一番やりがいがあったと、
成功者が過去を振り返ったときにはそう言ってます。

師走に貴重な挨拶回りと、農家たちとの出会いがありました。
新年明けてますが、2019年もやることだらけです!!

2019年1月8日火曜日

東京出張

東京近郊には仲間や友人がたくさんいすぎて、
毎回毎回、贅沢な出会いの旅となります。

行ってみんなに会おうとすると2,3週間かかりそうなので、
こっそり行って、2,3年に一回くらい会う感じです笑

初日には早々に久松さんと。
SNSで交流しているので久しぶりという気がしないですが、
農業でおもしろいことや好きなことをやることを、
言葉ではなく行動で、心底肯定してくれる人です。
おっさんふたり、ふつうの喫茶店で4時間語り続けました。


レストランと小売店へは毎年欠かさず訪問。

尊敬するシェフとの話も料理も、冬の贅沢です。

作物とか売り先とかと全然関係ない視点で応援してくれる人も。
アミさんは、農業においても生活においても、
尊敬する方で、3年ぶりに会えました。


八百屋さん、お客さんとの距離が近いので、
本当に勉強になるお話しばかりです。
このお店でうちのアスパラが売れなくなったら、
うちも販売先を考え直すときだと思ってます。


こちらは前職の帝国データバンクの同期入社仲間。
といっても、私をはじめ全員転職して別会社にいます。

社会人になって共に学んでお酒飲んで、
学生のときの友人ができた貴重な会社でした。
会社に残っている同期は、もう支店長とか部長とか
そんな役職になっているけど、我々は我々で、
人生を謳歌してます!

これ以外にも、いつものように写真撮り忘れや、
こっそり会った人など沢山いますが、
東京は情報も変化もとにかく早いと実感した旅でした。
その中でも人は変わらず、ほっとします。

お付き合いいただいた皆さん、ありがとうございました。