2012年7月28日土曜日

暑くて暑くて

露地のアスパラ、もう夏アスパラが出ています。
(ハウスは6月下旬から夏アスパラです)
春どりをやめてちょうど30日。
通常は45日で出ると言われていますが、
高温と日照時間の長さにより、
干ばつにもめげずに、萌芽を始めました。
右側が収穫中のアスパラ。
もう少しわかりやすくすると・・・
 
下の写真、ちょっと色が悪いですが、
真ん中を境に左右で色見が違うのがわかりますか?
右がもう収穫中。
左はまだ光合成で養分蓄積できる状態ではないので、
少し色が淡いです。
 
 
現在午後16時前。
暑いので、12-16時を休憩時間にしています。
 
朝4時から外で仕事して、夕方は19時30分くらい
まで外で作業します。
道産子には暑くて死んじゃいます、
と思っていたら、赤井川のアスパラ野郎は、
普通にお昼1時間休憩で、暑い中仕事をしてる、
とのこと。しかもパートさんたちまで!
 
おお、負けてられん!
・・・とはなりません。
過去にそれで体が弱って、
踏ん張りどきに踏ん張れないことがあったので、
今は涼しい時に効率よく仕事します。
頭を使って、と口では言えるが、まあ、根性だけのときもあるね(笑)
 
北海道の他の園芸農家さん、この時間も
仕事してますか?どういう流れで仕事してるの?
 
 
そして、うだる暑さの中、ムスメと公園に。
おー、こんなこともできるようになったかー^^
video

2 件のコメント:

えみやま@みかさ さんのコメント...

九州人の私たちにとっても、この暑さはつらいもんがありますよ。夜の涼しさに救われてます。
天気のおかげか、トマトもオクラもバンバン伸びますんで、ふつーに昼一時間休憩のハウス仕事です。真っ昼間でもハウスの中で芯摘みしたりします。汗だくですが、痩せませんね。大量つまみ食いのトマトのせいですね^^;

ひろし さんのコメント...

えみやまさん

コメントありがとうございます。
貴農園が休まず働いていることは、見聞きしたことから事実としてい承知してます(笑)

この日照を逃すのは呑百姓というもの。文句言わずに働け働け、と三笠からのプレッシャーはいつも感じてます。

でも、どんだけトマト喰えば気が済むんだー(笑)