2023年1月22日日曜日

流れ、てありますね

今年は47歳になる年です。


基盤整備事業はうちの地域で始まって、

アスパラ畑がリセットされ始めたのが、2015年あたりで、

それ以降は、経営基盤の再構築に追われる毎日、毎年。


子供は大きくなって、今年からふたりとも中学生になります。

サッカーの送迎に明け暮れた毎日から解放されます。

楽しくて夢中になりましたが、中学校からは好きなことを

見つけてやってほしい。それがサッカーであっても違くても。


自分が第一優先にしてきたことが、一気に片付いた昨年末。

これまではやりたいことが湧いてこなくておかしいな、と思っていながら、

色々な本を読み、色々な人に会ってきました。

そのお陰か、フッとやりたいことが浮かびました。

街を何とかしたい。


このまま15年後に1万人を切って、インフラ整備もできず、

大事な子供の教育を優先せず、自分の支持団体に忖度した行政を続けたり、

街の人よりも街の外の人にお金を出したり、外の人からの意見ばかりを聞いたり、

住民の居住満足度を向上させようとせずに、情報強者ばかりを優遇するような街に、

このままどんどん進んでいくのは嫌。

行政マンのことを悪口言うのを良く聞きますが、

行政マンに力を発揮させていない管理職や市長、市議の責任、

そして街を作るのは住民なので、住民の意識も大きく関わっていると思います。


生まれ育った街に対する気持ちは、その人にしかわからないと思います。

妻には理解してもらえませんが、当然だと思ってます。

積極的に自分から何かを変えようと動いている経営者の面々に会ったことも、

その背景にあると思うし、

できないことがストレスになるからと街の情報をなるべく頭に入れないようにしてきたことも、

実は自分にはストレスになっていたんだと思います。


美唄の今の姿は、10年後の札幌だと思うし、20年後の東京や日本だと思う。

先に人口減少によって衰退を始めたから、今なら最先端の街になれます。

存続できれば。

市長として、街をリードする。

支持団体も持たず、街のこと、住民のことだけを考えて政治を行う。


だけれども、これまで僕が15年ほどこの街で得た信頼は、ほぼありません。

農協のやり方に反対して自分で作物を売り、

JCの間違った正義についていけずにすぐに辞めたり、

行政のイベントごとも市民のことを考えていないことは全て断ってきました。

そんな人間が信頼されない街なのはわかっていましたが、

自分の主張を曲げてまでやることではないと思ってます。


どうやって信頼を得て、市長として街をリードするか。

具体的な話はまだ先です。

まずは信頼を得てから。

そのために何をするか。

市議会議員が近道なのかな?

と真剣に考え始めてます。


でも、家業を疎かにすることはしたくないのです。

信じてついてきてくれている家族、スタッフがいるし、

僕が在るのは、うちやま農園とアスパラがあるからです。

家業優先。それだけは譲れません。

市長になるということは、家業よりも行政を優先することです。

それは間違いない。

どうやって街を良くすることに加わることができるか。

それを真剣に考え始めたのが、年末です。


これから、尊敬する何人かの人にお願いして、

話を聞かせてもらいます。

実務両立や理想の行政をどこまで現実に近づけるか。

それが見えたら、スタートするし、

見出せなかったら、別の方向から街を良くする方向に尽力したいと思います。

2023年1月9日月曜日

年末年始

寒中お見舞い申し上げます。

年末から慌ただしく過ごしております。
年末12/25から、息子のサッカー全国大会で鹿児島へ。
結果は満足からは程遠いものでしたが、それも人生。
満足したらつまらなくなるだけ。
次の人生のための今なので、良い仲間とサッカーできた幸せを糧に、
中学生になっても大好きなサッカーを楽しんでほしい。
左から、ライヤ、あっちゃん、マルちゃん、アラハヤ、タイガ、だいちゃん。
真ん中のメガネが哲快です。
色々あったけど、このチームでサッカーできて良かった。
チームとして、こんなにレベルの高いサッカーはもうないかもしれない。
そう思うほど、コーチと仲間に恵まれました。
技術そこそこ、戦術で勝負できる選手になったし、
サッカーがどういうもので、どういうサッカーが好きで、
どうやってチームに貢献するかをよく理解できたと思います。
その上でフォワードができたのは、本当に頑張ったと思います。


応援が終わって、我々は鹿児島水族館へ。
対戦相手が来ていたり、どこのチームも観光あるよね。


12/29に帰宅。

何もできずに年末年始をだらっと過ごしたかったのですが、
息子はなんと中学受験生。
1/7、9、10に試験。
サッカーと勉強の両立という内山家のルールに、
それぞれ全力で頑張っております。


休んだのは元日のみ。
いとこの野球少年とサッカーのユニフォームで双子コーデ。
似てるw


一つのことに集中すると、なかなか他のことに頭が回りません。
息子のサッカー全国大会と中学受験が終わるまでは、
中途半端にしか物事に向かえないため、1/12から始動です。
もうかれこれ2週間以上、止まったまんまですw


今年は、子供が中学生になることで育児の時間が大幅減少。
そして8年前から始まった基盤整備に対応する
圃場の改革が昨年で一段落したことから、
新しいことをやろうと、昨年末から考え始めました。
行政に関わろうと思っていますが、それも考え始め。
田舎の古い、慣例に固執した考えにウンザリしながら、
聞くべき人に聞いて、決断していきたいと思います。

2022年12月17日土曜日

出張〜東海・中部

東海・中部地区にも、お得意様がたくさん。
お友達もたくさん。

東京から、名古屋への移動で、静岡と浜松のお店にも寄りました。
静岡県でもアスパラ作りは盛んなのですが、
北海道のブランドもそこそこあるようです。
それだけの価値だと不味いですが、
新幹線で移動しないと、静岡県はとても長いんですよね。


静岡市には、初めて降りました。
駅から10分ほど歩くところに伊勢丹静岡店。
今年からお付き合いいただいております。

お昼はネットで調べて、評判のカツ丼屋さんへ。
とんかつ丸七さん。
カツ丼専門店の贅沢です。
でも、大元があるのは門前仲町だったので、近くに行ってたんだな、と。


ドルチェビータさんには、お客さんと共に交流させていただいております。
46歳トリオの情けない写真(笑)


北河くんは、豊川市のアスパラ生産者。
独自の思考と行動力で、唯一無二のアスパラを模索中。
昨年に続き、車移動を手伝っていただき、アスパラ談義。
そして一緒に飲み会参加も昨年同様。
数少ない、僕を面白がってくれる農家の一人です。


北河くんと一緒に飲んでた愛知の農家達。
丹下くんはいつも優しく、人が自然と集まりますね。

ちょっと素敵な、モンブランホテルに泊まったのですが、
クレイジージャーニーでお馴染みの、
丸山ゴンザレスさんが宿泊されてました。
いつも危険なリポートを観ているので、少し興奮しました。

 

こちらでは、会う予定のバイヤーさんお二人が、コロナに。
お陰で忙しさ解放され、東京と大阪の間にいい休みが取れました。
この歳になると長期出張は体に堪えます。
昨年は美味しいレストランにばかり挨拶行ったので、
美味しい反面、内臓が疲れたのですが、
今回は休憩を多めにとって、次につなげます。


東京と比べると、名古屋の方が個人の裁量が大きいんだな、
と感じました。
マスクは、外で堂々と外してますね。
あとは、表情が少し明るかった気がします。
人を見て、雰囲気を感じている中での、感想です。

2022年12月7日水曜日

出張〜東京編

11/16~26、毎年恒例のお得意様挨拶回りに行ってきました。

昨年、10日間の日程が辛いから、
来年からは東京近郊と大阪近郊の2カ所を、
1年おきに訪問することにしよう、と決めたのですが、
それを思い出したのが、行きの飛行機の中という、
お粗末な話。

農繁期には本当に畑以外のことに頭が頭が働かなくなっています。
でも、昨年は農家に会うことをメインに回ったことは覚えていて、
今年はアスパラを売ってくれている現場、街の雰囲気を中心に
回るという事は、計画に入れれました。

そんな旅の中のことを、3部に分けて書きます。まずは東京。

写真は目黒の寄生虫館です。
観光はゼロでしたが、ふと面白そうで寄ってみました。


どういう寄生虫が過去に人に被害を及ぼして、
どうやって解決してきたか、を詳しく展示してくれています。
ミクロの世界ですが、こうして展示してくれることが、
そしてそれを維持しているということが、感動的でした。
唯一無二の存在なんです、この館は。
そのお陰で、大事なこと思い出せました。
私はアスパラだけを作りたいんじゃなくて、
うちやま農園にしかできないことを探していたんだ、と。
楽しいと思う仕事をすることはもちろんですが、
うちにしかできないことで家族や社会に貢献できたら、
それは最高に嬉しいだろうな、と思ってます。
この一点突破の施設のお陰で、気分晴れやかです。


こちらは「HAUS」さんです。
オーナーシェフの小林さんが畑に来てくれたので、
オープンのお祝いとお礼に伺いました。
お店に伺った時には、料理ももちろんですが、
お客さんの雰囲気にも気を配っています。
お客さんがお店を作ります。
うちも、お客さんに作ってもらってます。
それを具体的な感じじゃなくて、抽象的に感じることが、
私のアスパラの一部に還元されていると思ってます。


いつもの八百屋さん。
よくやってますよね、直送メインの八百屋を。


こちら、野菜ジャーナリストの篠原さん。
3年ぶりくらいに会いましたが、
野菜や畑の話よりも、育児の話でほぼ終わってしまったw
子育てって、贅沢な時間でもあり、次代を担うことでもあり、
とても充実しているように感じました。
畑には、ゆっくり復活して欲しいと思います。
これだけ情報発信が容易にできるようになりまして、
畑の現場感みたいなものが伝えやすくなりましたが、
認証や主義ではない、きちんとした野菜を作る人は、
それほど増えていない、という実感です。
真贋の見極めをしつつ、それを伝えられる野菜ジャーナリストは貴重です。


東京駅。15時。
人が少ないんですよ。
コロナ前にはサラリーマン風のおじさま達が
電話と鞄を持ってうじゃうじゃしてましたが、
あの人たちはどこへ行っちゃったの?と思います。


東京では、何人かの旧友と親交を深めることもできました。
昔の自分を知る人たちを通して、偏った自分や社会の見方など
の発見があり、大好きな時間です。

物価がものすごく上がっているんだな、ということも実感。
それなのに、生鮮品については全然上がっていない。
大事なものが何か気づいている人、世界に安心している人、
色々な価値観がありますので多くな書けませんが、
テレビや政治に惑わされるなかれです。

2022年11月15日火曜日

作業終了

畑の作業、降雪前の片付けが完了しました。

露地も天気の良い時には見栄えもします。
イボ竹を抜き、写真にある手前の鉄杭も抜き終わりました。
ハウスの上から綺麗な写真が撮れました。

ハウス内、今年の新植ハウスも雪前に倒伏。
なるべく長く倒伏しないように、
雪の天気予報ぎりぎりまで立てておきたかったのですが、
11/4にはこの有様。
結局本日11/15でも雪はなく、
もう少し立てておきたかった、残念。

2年目のハウスは、少しの失敗から斑点病が多発。
それでも、まずまずの出来です。

家の前に8棟のハウスを向かい合わせで作りたい、
という5年くらい前からの野望が、ようやく実現した本年。
眺めに達成感はあるものの、体は疲弊しました。
でも、アスパラも30t弱とれたので、充実感のある1年でした。


そして、トマトハウスは越冬準備で、こうなります。
防草用で人工芝。
ここまで片付けてから、挨拶回りの出張に行きます。
約10日間。
半年以上は現場である畑にべったりです。
でも、アスパラを買ってくれる、アスパラを売ってくれる、
アスパラを調理してくれる、そしてアスパラを食べてくれるのは、
7割くらいは東京や大阪なのです。
バイヤーさんや店員さん、その街の雰囲気などなど、
畑ではない現場に伺う大事な機会だと思ってます。
お会いする皆様、よろしくお願いします。


番外編。

数名が気にかけてくれている、ムスコのサッカー。
11/3にリーグ戦最終戦。
3-1、1-0で連勝、ムスコも1得点2アシストと大活躍。
全国大会出場も凄いですが、全勝優勝となりました。
引き分けもなく全勝は、随分過去にも見えたらないくらいすごい。
その一員としてサッカーできたことは、なんとも誇らしい。

相変わらず小さくて、でもオフザボールの動きは、
札幌でも3本の指に入るんじゃないかと思うくらい優秀。
今みたいに上手な子に囲まれなくても、
一人で打開したり、もっと味方を生かせるよう、
ジュニアユースではHKDというチームに入ります。
今は、6年生最後のサッカーを楽しんで!

2022年10月23日日曜日

収穫作業も最終盤

2022年シーズンも、雪が降って強制終了されるまで、
あと1ヶ月ほどとなりました。
先々の予定を考えると、今年のお得意様まわりは、
11/16から開始予定。
まもなく、片付け作業がスタートです。 


10月下旬に向けて、ラストスパートのミニトマト。
最後の駆け込みでどこまでとれるでしょうか。


9月に植えたアスパラも、それなりの高さに。
来春からの成長が楽しみです。

ズッキーニも、10/14まで収穫しました。
北海道の他の生産者が9月で終了するなか、
よく粘ってくれたと思います。
過去最高の収穫量となりましたが、
量も質も、まだまだ改善の余力がたっぷりあります。


最後に、ムスメ、14歳の誕生日。
お得意先の日本料理とらやさんにてお祝い。
中学生になって、個性に磨きがかかっております。
本人は嫌がりますが、僕に顔も性格も似てます。
昔は「カクあるべき」という教育でしたが、今は個性を大事に。
僕も個性を大事にされてたら、弾けた性格になってたのだろうか…。